最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

大阪教育大

2011年7月28日 (木)

比較政治経済史・西洋史特講II(更新)

大阪教育大の学生のみなさん、今回の講義で僕が用いる講義ファイルをPDF化して以下にアップロードしますので、予習・復習の際に活用してください。

講義ファイル(1)をダウンロード
講義ファイル(2)をダウンロード
講義ファイル(3)をダウンロード
講義ファイル(4)をダウンロード
講義ファイル(5)をダウンロード
講義ファイル(6)をダウンロード
講義ファイル(7)をダウンロード
講義ファイル(7)の補足をダウンロード

レポート課題をダウンロード

成績評価は出席点とレポートの点数を基準として算出します。レポートについては課題を3題発表しますので、そのうち1題を選択してもらい、それについての解答をレポートしてください。

レポートの提出締め切りは8月12日(金曜日)午後5時。原則として提出先は大阪教育大教務課に設置されるレポート提出ボックスへお願いします。

2011年7月26日 (火)

大阪教育大のみなさんへ(更新)

大阪教育大で「比較政治経済史」、「西洋史特講II」を受講されるみなさんへ。はじめまして、大阪大学の古谷です。7月27日(水)以降、以下の内容で集中講義を行う旨、連絡します。よろしくお願いします。

7月27日(水)、28日(木)、29日(金)

・教室はA棟305講義室

・すでに英語IIaのTOEFLテストや日本社会史などの試験がこの集中講義期間にバッティングしているという報せを受けています。そうした授業で試験が予定されている人は、まずそれら試験を受けることを優先してください。試験を受けている時間について、こちらの集中講義のほうは公欠扱いとしますので、この集中講義に参加する際、適宜「試験でこられなかった」旨を僕に伝えて下さい。

僕の講義スタイルの基本はKeynoteによるプレゼンテーションですので、印刷物に頼らずスライドと話に注目してください。授業での配布資料は、このブログの発言中でアップロードします。27日の授業の最初には、この集中講義における出席のとり方や成績判定の方法について話をします。

2010年7月28日 (水)

比較政治経済史・西洋史特講II

大阪教育大の学生のみなさん、今回の講義で僕が用いる講義ファイルをPDF化して以下にアップロードしますので、予習・復習の際に活用してください。(今年度の集中講義は、昨年度までの内容と異なるものです。)

講義ファイル(1)をダウンロード
講義ファイル(2)をダウンロード
講義ファイル(3)をダウンロード
講義ファイル(4)をダウンロード
講義ファイル(5)をダウンロード
講義ファイル(6)をダウンロード
講義ファイル(7)をダウンロード

レポート課題をダウンロード

成績評価は出席点とレポートの点数を基準として算出します。レポートについては、講義の最終時間に課題を3題発表しますので、そのうち1題を選択してもらい、それについての解答をレポートしてもらいます。

レポートの提出締め切りは8月9日(月曜日)午後5時。原則として提出先は大阪教育大教務課に設置されるレポート提出ボックスへお願いします。

大阪教育大のみなさんへ!

大阪教育大で「比較政治経済史」、「西洋史特講II」を受講されるみなさんへ。はじめまして、大阪大学の古谷です。今週水曜日以降、以下の内容で集中講義を行う旨、連絡します。よろしくお願いします。

  • 7月28日(水)、29日(木)、30日(金)(初日の28日は午前9時から開始)
  • 教室はA棟301講義室

僕の講義スタイルの基本はKeynoteによるプレゼンテーションですので、印刷物に頼らずスライドと話に注目してください。授業での配布資料は、このブログの発言中でアップロードします。また配付資料についてはパスワードロックをかけようと思います。授業に出てパスワードを確認してください。28日の授業の最初には、この集中講義における出席のとり方や成績判定の方法について話をします。

2009年7月29日 (水)

比較政治経済史・西洋史特講II

大阪教育大の学生のみなさん、今回の講義で僕が用いる講義ファイルをPDF化して以下にアップロードしますので、予習・復習の際に活用してください。なお、この講義ファイルを閲覧するために必要なパスワードは、授業の最初の回で指示します。

7月30日 1歴史概念としての北欧
1-1 日本における北欧イメージの変遷をダウンロード
1-2 時代とともに変貌する北欧イメージ〜スコーネの事例をダウンロード

2 北欧におけるアイデンティティの歴史的諸相
2-1 北欧アイデンティティの原風景〜アイスランドの事例をダウンロード

7月31日 2-2 生活環境と北欧アイデンティティ〜ノルウェーの事例をダウンロード
2-3 アイデンティティ/カウンタ・アイデンティティ〜デンマークの事例をダウンロード
2-4 福祉国家の歴史的基層〜スウェーデンの事例をダウンロード

8月3日 2-5 北欧アイデンティティの拡散〜フィンランドの事例をダウンロード
3 北欧アイデンティティの歴史的構造
3-1 北欧アイデンティティの構成要素をダウンロード
3-2 北欧の紡がれ方〜北欧とは何か?をダウンロード

レポート課題をダウンロード

成績評価は出席点とレポートの点数を基準として算出します。レポートについては、講義の最終時間に課題を4題発表しますので、そのうち1題を選択してもらい、それについての解答をレポートしてもらいます。

レポートの提出締め切りは8月10日()午後5時。原則として提出先は大阪教育大教務課に設置されるレポート提出ボックスへお願いします。

 

2009年7月28日 (火)

大阪教育大のみなさんへ!

大阪教育大で「比較政治経済学」、「西洋史特講II」を受講されるみなさんへ。はじめまして、大阪大学の古谷です。今週木曜日以降、以下の内容で集中講義を行う旨、連絡します。よろしくお願いします。

  • 7月30日(木)、31日(金)、8月3日(月)(初日の30日は午前9時から開始)
  • 教室はA棟108講義室

授業運営上最低限の印刷物を配布する予定ですが、僕の講義スタイルの基本はパワーポイントによるプレゼンテーションですので、印刷物に頼らずパワーポイントと話に注目してください。授業での配布資料は、このブログの発言中でアップロードします。また配付資料についてはパスワードロックがかかっています。授業に出てパスワードを確認してください。30日の授業の最初には、この集中講義における出席のとり方や成績判定の方法について話をします。

2008年8月 2日 (土)

比較政治経済史・西洋史特講II

大阪教育大の学生のみなさん、今回の講義で僕が用いる講義ファイルをPDF化して以下にアップロードしますので、予習・復習の際に活用してください。なお、この講義ファイルを閲覧するために必要なパスワードは、授業の最初の回で指示します。

7月30日の講義ファイル(1)をダウンロード

7月30日の講義ファイル(2)をダウンロード

7月30日の講義ファイル(3)をダウンロード

7月31日の講義ファイル(1)をダウンロード

7月31日の講義ファイル(2)をダウンロード

7月31日の講義ファイル(3)をダウンロード

8月1日の講義ファイル(1)をダウンロード

8月1日の講義ファイル(2)をダウンロード

8月1日の講義ファイル(3)をダウンロード

成績評価は出席点とレポートの点数を基準として算出します。レポートについては、講義の最終時間に課題を4題発表しますので、そのうち1題を選択してもらい、それについての解答をレポートしてもらいます。

【8月1日追記】 ここに課題を示したファイルをアップロードします。このファイルにある4題のうち、1題を選んで解答してください。閲覧には、他の講義ファイルと同じパスワードが必要です。

レポート課題をダウンロード

レポートの提出締め切りは8月11日()午後5時。原則として提出先は大阪教育大教務課に設置されるレポート提出ボックスへお願いします。

アンケートへの回答と感謝

一部メールをいただいている方々への返信が滞っており、「日本にいるの?」といったお言葉まで頂いており、関係各方面にはご迷惑をかけております。誠に申し訳ありません。大阪教育大でのマラソン講義も昨日無事に終わりました。今日はこれから上京して、『歴史的ヨーロッパの政治社会』の合評会に参加します。週明けの月曜日には大阪に戻り、箕面での通常業務に復帰します。すべての方々、今しばらくお待ちください。

さて、真夏の恒例行事になっている大阪教育大での集中講義ですが、今年も楽しく講義させていただきました。連続90分×15の長丁場に参加してくれた学生のみなさん、お疲れ様でした。柏原までの道中は片道2時間近くかかるものの、なにせ斑鳩と難波津を結ぶ竜田道を行くものですから、我が国の古代に思いを馳せるとそんな時間もあっという間。さすがに途中下車はできませんが、しかし歴史好きにはたまらない時間です。そしてなにより柏原キャンパスの開けた雰囲気と阪大とはまた違うキャラクターの教育大のみなさんと接することが楽しみで、あっという間の三日間でした。この集中講義が楽しいのは、普段の阪大での講義は「北欧」の枠で教えることが要請されているのに対して、教育大では「西洋史」の枠で教えられるため、僕の本来のフィールドで話しができるということもあるでしょう。

今年参加してくれたみなさんはとりわけ反応が良く、理解できればうなづき、そうでなければ首を振り…といったリアクションを頂けました。残念ながら一人一人の人と直接声を掛けて話しをする時間はありませんでしたが、そうしたリアクションがあったので言葉はなくともコミュニケーションはとれていた感じがします。せめてもの罪滅ぼしに授業アンケートで頂いたご意見のうちご批判を頂いた部分についてこの場を借りて回答したいと思います。

「質疑応答の時間を閉じた後、すぐに講義に復帰するので、質疑内容を理解する余裕がなかった。」というご意見。ありがとうございます。確かに15時間の集中講義にはあれやこれやと内容を詰め込みすぎていて、時間がいっぱいいっぱいでしたね。一つ一つのセクションが終わったところで質疑にあてる機会をできるだけとったつもりですが、もう少し講義内容をスリム化すれば、みなさんが理解すべき点をよりピンポイントで示せるたけでなく、質疑応答の時間とそれを理解する時間を多くとれるようになると思います。今後の改善点としましょう。

「あれ、なんといったかな?と途中で言葉がつまるときがあった。」というご指摘。ありがとうございます。みなさん、僕の講義スタイルは、講義ノートをまったくみないでみなさんの顔を見ながら語りかけるものであったことに気がついてくれましたか?講義内容は頭のなかに事前に入れておいてのぞんでいますが、そうしたスタイルの長所はみなさんのリアクションや表情を確認しながらその場で講義の語り口を調整しつつ、講義の流れを止めることなく進めていくことができる点にあるものの、短所はときたま補足内容の正確な情報が不明になってしまう点にあります。これを改善するには手元に講義ノートを置いておく必要があるでしょうが、そうするとノートにばかり目がいって、みなさんの表情を忘れて講義の流れが寸断されてしまう可能性もある。実のところ、講義ノートはプロジェクタに接続させているパソコンのなかにはいっており、プレゼンソフトの発表者ツールにあるノート機能(カンニングペーパ機能)を活用して補足事項を書き込んでおけば確かに対応できます。でもね…補足事項は何を語ろうかあらかじめ計画的に用意されているわけではないんですよ。みんなの表情を見ながら、「この点についてよりよく理解してもらうためには、このことを話すと良いかな?」と僕はアドリブで瞬間的に頭のなかで選んでいますから、講義の流れによって補足事項もそのときどきで異なるのです。難しいところです。

「比較政治経済史なのだからアジアなどとの比較があればよかった。」というご意見。ごもっとも。僕がもし「門外漢だからアジアのことを語れない。」と言うのは、単なる逃げ口上にしか過ぎない。北欧の特徴を明確にするために、なるべく北欧以外の話をあげながら語っていたつもりですが、比較の幅をより広くとって、体系的に語る努力はしてみましょう。

「映像があればよかった。」というご意見。ありがとうございます。そうした授業も他の大学での「北欧紹介」のような授業ではしています。一応教育大の授業は「西洋史」の枠ですので、ビデオ教材は使わずテキストメインで語っています。時間の限られた集中講義では、なかなか映像をお見せする余裕がないのですが、「気を引き締めてもらう」時間と「気を抜いてもらう」時間のメリハリをつけないと、それに参加している学生のみなさんの集中力も持続できないですよね。検討してみましょう。

「集中講義は体力的にも辛いので、週一のレギュラー講義のほうがよい。腰も痛くなった。」というご意見。確かにね。これは一言、僕の本務校でのレギュラー授業の予定との兼ね合いです。すみません。

「エアコンが効きすぎて寒かった。」というご批判。確かに一日目は寒かったですね。僕もエアコンの調整方法がわからず、(というよりも本来教育大の温度管理は集中統御で教室で適宜調整できないのですが、)一日目はすみませんでした。二日目以降は「裏技」で対処しましたが、気をつけます。寒いとき、暑いとき、ぜひ意見を突っ込んでください。

こんなところでしょうか。あらためまして教育大で懇切に対応頂いた先生、事務方のみなさんを含め、なによりはじめてきくことばかりだっただろう北欧史の講義に三日間つきあってくれた学生のみなさんに感謝申し上げます。おかげさまで、この夏もとても楽しい講義ができました。

2008年7月29日 (火)

大阪教育大のみなさんへ!

大阪教育大で「比較政治経済学」(教養学科)、「西洋史特講II」(教員養成)を受講されるみなさんへ。すみません。ちょっとだけ忙しくて、発言が遅れました。けれど問題はありませんので、ご安心を。以下の内容で集中講義を行う旨、連絡します。

  • 7月30日(水)〜8月1日(金)(初日の30日は午前9時から開始)
  • 教室はA棟302講義室

授業運営上最低限の印刷物を配布する予定ですが、僕の講義スタイルの基本はパワーポイントによるプレゼンテーションですので、印刷物に頼らずパワーポイントと話に注目してください。授業での配布資料は、このブログの発言中でアップロードします。また配付資料についてはパスワードロックがかかっています。授業に出てパスワードを確認してください。

2007年7月29日 (日)

大阪教育大学のみなさんへ!

三日間の集中講義に参加してくれて、ありがとうございました。7月25日の発言のほうに、レポートの課題についてもあらためてファイルをアップロードしました。閲覧には、他のファイルと同じパスワードがかかっています。この4つの課題から1つを選んで、8月8日までにレポートを提出してください。よろしくお願いします。