最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

美容・コスメ

2009年1月25日 (日)

理系の先生たちとの会話

昨日は阪大と統合する前から家族ぐるみで付き合いのある阪大の接合科学研と工学研究科の先生方と久しぶりにご一緒させてもらった。阪大と統合してからというもの、人付き合いの幅は確実に広がり、とりわけ理系の先生たちとの付き合いからは普段文系の世界では知り得ないことがあれこれとわかるので、人付き合いの幅に比例して人生の幅も広がっていく感じがする。これは明らかに大学統合の大きなメリットの一つだ。

たまたま一昨日盛況のうちに終えることのできたグルジアの公開セミナーがらみで社学連携の話からはじまったのだが、理系の先生方から見ると、文系分野で行われている哲学カフェなどの市民向けイベントは華々しく見えるらしい。確かに市民のなかに入っていって目立つからね。でも寄付金や研究費などの獲得という点でいえば、理系分野における企業との産学連携のほうが華々しくも見える。例えば、僕たちのやっている市民向け講座など象徴的な意味での微々たる資金しか動かないから。とはいえ、学術的な知識を蓄積する基礎研究は大学が受け持ち、基礎研究に裏付けられた成果を市民の需要に的確に応じた「製品」へ発展させる応用研究は企業が受け持つという役割分担は、理系も文系も違いはない。例えば、今回のグルジアの公開セミナーについても、グルジアの歴史・文化・言語に関する基礎研究を進め公開するのは大学の役割で、その基礎情報に基づいて観光商品を開発するのは企業の役割という分担が示された形だ。

そうした理科系の先生から、昨日はとても面白い話を聞いた。6時間も一緒に飲み食いしていたので話は多岐に渡ったが、そのなかでも印象深かった話は、関西が誇るパナソニックのラムダッシュ・ブランドのシェーバーの話。このブログでも紹介したことがあるように、僕は最近になってES8801というパナソニックのシェーバーを使い始めた。例によって家電ネタは、文系・理系の壁を越えて大いに盛り上がれるネタなのだが、「最近使い始めたパナソニックのシェーバーの切れ味がとても滑らかで、肌にも優しい。」という話を僕が切り出したところ、接合科学研の先生が「その話をしたらパナソニックの人たちはとても喜ぶよ。」と教えてくれた。

僕は長らくブラウンのシェーバーの愛用者だったが、深剃りはするものの肌荒れも酷かった。その先生が言うには、ブラウンのシェーバーは髭にそって90度の角度で歯がはいり、外刃で押さえつけた髭を内歯で引きちぎる構造になっているのだという。これに対してパナソニックのシェーバーは髭に対して30度の角度で内歯が入り、さらに内刃や外刃は日本刀の材料として知られている安来鋼という刃物鋼を鍛造する手法で作られているのだという。だから、パナソニックのシェーバーはスパッと髭が切れ、滑らかな肌触りになるのだと。(今回、はじめて知ったことなのだけれども、出雲の安来、ドイツのゾーリンゲン、そしてスウェーデンは世界の三大「鋼」産地なのだそうだ。確かに、スウェーデン鋼は軍事国家としてのスウェーデンを支えてきた重要資源だけれども、ここで、こんなつながりが出てこようとは!)

日本の伝統的な鍛造技術を応用しているところも凄いが、さらに凄いのは、あまりにスパっと切れてしまうために髭剃り時に音がならないため、わざと髭剃り時のジョリっという音を増幅するために音を共鳴させる工夫がなされているという点だ。これは、ブラウンの「まだこんなに髭のそり残しがありますね。」というコマーシャルを通じて、髭剃り時の音からそり残しを意識させる演出が巷に普及した結果できあがった「剃れる=ジョリっという音」という固定観念に対する対応策なのだという。す、凄い。凄いぞ、パナソニック。

個人的には実体験として感じているパナソニックのシェーバーの柔らかな髭のそり味が、このような技術の集成のうえに成り立っている「根拠のある感覚」だったことを知り、こうして理系の先生からまた一つ勉強をさせてもらったことに感謝。文系の感性的な知が理系の知識で根拠のある知へと昇華させられるような感覚。そのような感覚を得られるのは文系も理系も集まる総合大学だからできる話で、そうした話のできる人間関係は実によいと思う。

確かにすばらしい人間関係なのだが…なにせ、同世代の集まりだから、いつもこのメンツで集まると最後はなぜか決まって宇宙戦艦ヤマトの話を目に涙を浮かべながら語り合い…『真っ赤なスカーフ』か、『ヤマトより愛を込めて』かを歌い…「いずれ文理融合型の基盤研究でヤマト科研を…。」という話が持ち上がり…最後は「生きて必ずやまた会いましょう!」と胸に手をあてるあのヤマト式敬礼をしながら別れるのが通例になっている…というオチ(^_^;)。(平成生まれも垣間見られるようになってきた学生諸君には、何のことかわからないだろうから、折角なのでYoutubeにある『真っ赤なスカーフ』の動画(しかも、この動画の編集はヤマトの有名なシーンや台詞を盛り込んでいてすばらしい!)をここに紹介しておこう。おっちゃんはこんなのを見て大きくなったという一例。)

2008年10月15日 (水)

シェーバーを買い換えた

僕の日常生活においてほぼ必需品(僕はカミソリが苦手)だから、それが壊れてしまうと例え海外出張後で金欠気味だろうと、有無を言わさず購入せざるをえない道具の一つ…それがシェーバーだ。海外出張から帰ってきた直後の今月はじめ、それまで愛用していたブラウンのアクティベータX BS8785の調子がもうどうにも耐えきれないぐらい悪くなったので、思い切って松下電器(今はパナソニックと言うのかな?)のラムダッシュ ES8801を購入。(千里中央に大きな家電量販店ができた関係で、ついつい財布の紐がゆるくなりがちだ…という点は勘弁して!)僕は長らくブラウンのシェーバーの「信仰」者で、とりわけアクティベータXはかなりの深剃りができて、洗浄機能もついていつも清潔…だったよーな気がしていたので愛用していた。確かに深くそることはできた…しかも頻繁にお節介にも肌まで剃ってくれて血だらけになるくらい。けれど、あご下やえら下の部分などはどんなに繰り返しても髭をそることができずそり残しがでてしまう。洗浄機能は確かに便利なのだけれども、洗浄液を定期的に購入せざるをえないからランニング・コストが高い。それと高温の温風乾燥を行う洗浄機の構造欠陥からか、シェーバー本体の塗装が溶けて剥げ落ちて、ボロボロになる始末。ボロボロつながりでは、剃った髭がそのままシェーバー本体からこぼれ落ちる構造で、僕が髭剃りを終えると黒い粉状の髭が散乱しているらしく、家族からは大不評だった。たまたま一年ほどくらい前から僕は、鼻毛カッターとしては無駄に「超高級」な松下電器のER430を使っていて(鼻毛カッターで3000円くらいするのは明らかに高価だが、これにはカット後の鼻毛を吸引するファンがついていて鼻毛カッターとしての完成度は実に高い)、それとコーディネートしようと思い今回のシェーバーの買い換えでは松下電器にしようと思っていた。で、バルカン半島からの帰国直後の時差ボケで意識朦朧とするなか、いざ千里中央の家電量販店にいってみると、パナソニックのラムダッシュ・シリーズの高いこと、高いこと…。たまたま四枚刃の新製品ラッシュの次期と重なっていたのかもしれないけれど、ヨーロッパ帰りの懐状況ではちょっと高くて手が出ない。それでも今回は高速リニアモータで肌に優しいそり心地という評判のラムダッシュが欲しかった。そこで、三枚刃で縦方向にヘッドは動かないけれども、ラムダッシュ・ブランドでは一番コンパクトな(そして安価な)ES8801を購入。結果的にはMacBook AirやInfobar2など、最近出張する際に持ち運ぶ身の回りの道具が銀色系のデザインで統一されているので、図らずもこのシェーバーは銀色のコンパクトなデザインなので、それらとコーディネートできたことになる。このES8801には洗浄機はないから、直接水洗いする手間はあるが、その分維持費はかからず将来的な運用コストは安く収まるだろう。驚きはバッテリ駆動時間のもちのよさで、一時間ほどの充電で一週間弱くらいは動いてくれる。肝心なそり心地は、いままでのブラウンと比べるととても繊細。剃り終わったあと、肌がツルッとする感じ。肌にヘッドがよく密着するからだろう、あご下やえら下のそり残しはゼロ。もちろんカミソリ負けもない。けれど繊細なそり心地ゆえ、シェーバーヘッドと皮膚の圧着面について慎重にならないと、すぐに外刃と内刃を傷めてしまいそうだ。それと高速リニアモータ特有の甲高い音は、馴れるまで耳につくうるささだ。デザインがよくそり心地もよいとなれば、これは個人的に良い買い物だった。シェーバーはそれを使う人の肌の特性が人それぞれ違うので、「これが良い!」と万人にお薦めできるものではないけれど、このES8801は発売が2005年というからもう3年以上もモデルチェンジすることなく売られ続けているということになる。万人にお勧めできるかはわからないが、隠れたベストセラーであることは事実だろう。(そうそう、意外とシェーバーとかプレゼントされると男性は嬉しかったりしますよね。僕なら、もらったら嬉しいと思う。家電量販店では、結構カップルでシェーバーを選んでいる人を見た。消費対象としてのシェーバーには、なんらかの社会的記号性ってあるのだろうか?)