最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

「近世ヨーロッパ周縁世界における複合的国家編成の比較研究」のホームページについて

2010年度より僕が研究代表者となって科研費基盤研究(B)を頂きながら推進している「近世ヨーロッパ周縁世界における複合的国家編成の比較研究」のホームページにつきまして、これまではGoogleグループ内に紹介ページを試行的に作成してきましたが、Googleグループの仕様の大幅変更に伴い今後は独自のサイトとしてこちらにホームページを立ち上げました。今後ともよろしくお願いいたします。(旧ページは単なるメーリングリストとしての機能しかもたなくなってしまいましたが、念のため、補完手段として存続させます。)

2012年3月 6日 (火)

「ヨーロッパ境界地域の歴史的経験におけるパトリア/市民権」シンポジウム

科研基盤(A)「ヨーロッパ境界地域の歴史的経験におけるパトリア/市民権」は、東欧史研究会との共催で下記の次第でシンポジウムを開催します。報告は英語で行われ通訳はありませんが、皆様の参加を心から歓迎します。

「ヨーロッパ境界地域の歴史的経験におけるパトリア/市民権」シンポジウム

19世紀における「国民史学」と「国民文学」

(このシンポジウムは、東欧史研究会特別例会としても開催されます。)

日時:2012年3月10日(土)14:00~19:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト7階会議室
主催:東欧史研究会&科研基盤(A)「ヨーロッパ境界地域の歴史的経験におけるパトリア/市民権」(代表者:篠原琢(東京外国語大学))

報告1:カタジナ・ブワホフスカ(ワルシャワ大学歴史学研究所)
Dispute over History - Dispute over the Present Day. The Territories of the former Grand Duchy of Lithuania in the Interpretations of Nineteenth-Century Russian and Polish Historians

報告2:ロバート・ピンセント(ロンドン大学スラヴ・東欧学研究所)
'The Heart of Europe.' The Origins and Fate of a Czech Nationalist Cliché

コメント:
青島陽子(愛知大学)
篠原 琢(東京外国語大学)
(報告は英語、通訳なし)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »