最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 『リネーの帝国』への道(4) | トップページ | 研究室、引っ越しました »

2010年3月27日 (土)

『リネーの帝国』への道(5)こちらは発言未完!

今月最後の出張で上京する新幹線の車中にてこの発言を書いている。とにかく今月は外で人と会う機会が多かった。昔からよき付き合いのある方々が大阪を訪れてくれて、その都度楽しい話に花が咲いた。今月お会いできた方々にあらためて感謝を申し上げたい。で、そうした方々との話のなかで聞かれたことの一つが、「『リネーの帝国』はどうなった?」というものだ。はい!仕事で忙しかったり、体調が悪かったり…が続いたことは事実だが、時間をとれる車中やトイレ中、就寝前のソファーの上で『リネーの帝国』の構想を着々と進めている。

この春は3年前に研究代表者として獲得した科研「近世ヨーロッパ周縁世界における戦争と「帝国」再編」の最終年度にあたり、僕なりの「バルト海帝国」論と『リネーの帝国』とを結ぶ構想メモを兼ねる意味で成果報告書を書き上げたりもしていた。僕の『リネーの帝国』構想における「帝国」とは、第一に近世バルト海世界におけるスウェーデン王権を頂点とした広域支配圏(いわゆる通称「バルト海帝国」)に見られた複合的国家編成を念頭においてもちいている。『リネーの帝国』構想では、大北方戦争や七年戦争といった国際戦争での経験によって複合的国家編成がいかなる変化をとげたのかに注目したいと思っている。第二に比喩的な意味でもあえて「帝国」という言葉をもちいている。それは、スウェーデンに拠点を構えたリネーを頂点としながら、世界中に派遣された弟子たちと共に築かれた(…それは軍事組織にも喩えられるものかも知れない…)新たな世界認識を用意した万物分類の「帝国」といった意味である。

(深夜に帰阪するも爆睡して朝を迎えてしまいました。この発言、また時間のあるときに続けます。)

« 『リネーの帝国』への道(4) | トップページ | 研究室、引っ越しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『リネーの帝国』への道(4) | トップページ | 研究室、引っ越しました »