最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「バルト海の夢」という警句 | トップページ | 「国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状」 »

2010年2月 7日 (日)

スカイマーク茨城・神戸便、就航決定!

来た!茨城空港の開港があと33日と迫った昨日、国内航空会社としてはじめてスカイマークが、茨城空港・神戸空港間の定期便を就航させることを発表した。普通運賃でも12000円、前割21ならば5800円。航空自衛隊百里基地の滑走路を利用して造られた茨城空港だが、これまでのところアシアナ航空のソウル便しか乗り入れが決まっておらず、伊丹空港の近くに住み茨城への帰省にかかる運賃に悩んできた古谷家は、真剣に茨城へ帰省するときには伊丹→仁川→茨城を考えていた。(気分転換に、韓国への小旅行も良いものだろう。)このスカイマーク便の実現によって、茨城への帰省はかなりやりやすくなる。しかも神戸空港だというわけだから、三宮から神戸空港へむかう途中でIKEAに寄ってスウェーデンのものをお土産に持参する…なんてことも可能というわけだ。すばらしいの一言に尽きる。茨城空港だとか、神戸空港だとか、こうしたJALショック後の地方空港の「ねばり」を応援したい。

« 「バルト海の夢」という警句 | トップページ | 「国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「バルト海の夢」という警句 | トップページ | 「国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状」 »