最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« スカイマーク茨城・神戸便、就航決定! | トップページ | 近況報告と3月の予定 »

2010年2月17日 (水)

「国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状」

あらゆる仕事が遅れていてどうにもならないのだが(…リネーの帝国の発言、もう少し待っていて下さい…)大阪大学世界言語研究センターが進める「民族紛争の背景に関する地政学的研究」プロジェクトの(おそらく)今年度最後のシメの研究会を告知。報告内容などの詳細はフライヤをご覧下さい。

Flyer100220_2日時:2010年2月20日 (土) 13:00から 17:00
場所:千里ライフサイエンスセンター 701会議室 

「1970年代以降の世界経済の構造的変化は、国境を越えた資本と労働力の移動を促し、旧来の国民経済概念を大きく変貌させた。これにより、多くの国家が財政・経済政策の自立性を喪失し、相互依存性と外在的規定性が高まると同時に、国家の統治能力が顕著に低下している。国際政治の面では、統治力が低下した国家を「破綻国家」として例外化し、「人道的介入論」や「対テロ戦争」などの口実の下、超大国の利益保護を目的とした危機に対する共同管理・予防介入体制が構築されつつあり、古典的帝国主義に酷似した侵略的性格が再浮上している。この二つの変化は、世界各地で国民国家システムの内在的・外在的危機の同時進行という帰結をもたらしている。従来の議論では、斯かる構造的変化が主として世界システムの中心と周辺部の関係として論じられてきたが、現実の危機はシステムの中間に位置する国々でも顕著に進行している。中間的諸国の国民国家の揺らぎは、既に現段階でも、排外主義・民族主義の台頭やマイノリティ抑圧の激化をもたらしているが、今後は更に多様かつ深刻な問題を生じさせると考えられる。今回の研究会では、「破綻国家」を巡る議論を批判し、国民国家が統治能力を喪失しつつある現状を各地の事例から確認することを試みたい。」

という感じの研究会を明治大学の佐原徹哉先生を中心に企画して頂きました。僕にとっては今年度最後の司会業…(汗)。例によって、ここでお見せするフライヤは司会者自身の作…(涙)。「大衆政治状況を示す群衆とその行く末を見据える目」という図をもう少しはっきり見せたかったが、「人の顔はぼかしたほうがいいよね」という指導が入ったので不本意ながら…(笑)このように。(というか、こうして縮小画像で見ると、ぼやかしていても僕の意図は伝わりそうだ!)おそらく今年度最後の作。僕はこういうデザインの仕事のほうがむいているようで、仕事を間違えた感あり。しかしこの件、阪大世界言語研究センターともどもどうぞよろしく。(器用貧乏ここにきわまれりとの誹りを頂きそうですが、僕はスウェーデン史研究者であること、お忘れなく!)

« スカイマーク茨城・神戸便、就航決定! | トップページ | 近況報告と3月の予定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状」:

« スカイマーク茨城・神戸便、就航決定! | トップページ | 近況報告と3月の予定 »