最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月17日 (水)

「国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状」

あらゆる仕事が遅れていてどうにもならないのだが(…リネーの帝国の発言、もう少し待っていて下さい…)大阪大学世界言語研究センターが進める「民族紛争の背景に関する地政学的研究」プロジェクトの(おそらく)今年度最後のシメの研究会を告知。報告内容などの詳細はフライヤをご覧下さい。

Flyer100220_2日時:2010年2月20日 (土) 13:00から 17:00
場所:千里ライフサイエンスセンター 701会議室 

「1970年代以降の世界経済の構造的変化は、国境を越えた資本と労働力の移動を促し、旧来の国民経済概念を大きく変貌させた。これにより、多くの国家が財政・経済政策の自立性を喪失し、相互依存性と外在的規定性が高まると同時に、国家の統治能力が顕著に低下している。国際政治の面では、統治力が低下した国家を「破綻国家」として例外化し、「人道的介入論」や「対テロ戦争」などの口実の下、超大国の利益保護を目的とした危機に対する共同管理・予防介入体制が構築されつつあり、古典的帝国主義に酷似した侵略的性格が再浮上している。この二つの変化は、世界各地で国民国家システムの内在的・外在的危機の同時進行という帰結をもたらしている。従来の議論では、斯かる構造的変化が主として世界システムの中心と周辺部の関係として論じられてきたが、現実の危機はシステムの中間に位置する国々でも顕著に進行している。中間的諸国の国民国家の揺らぎは、既に現段階でも、排外主義・民族主義の台頭やマイノリティ抑圧の激化をもたらしているが、今後は更に多様かつ深刻な問題を生じさせると考えられる。今回の研究会では、「破綻国家」を巡る議論を批判し、国民国家が統治能力を喪失しつつある現状を各地の事例から確認することを試みたい。」

という感じの研究会を明治大学の佐原徹哉先生を中心に企画して頂きました。僕にとっては今年度最後の司会業…(汗)。例によって、ここでお見せするフライヤは司会者自身の作…(涙)。「大衆政治状況を示す群衆とその行く末を見据える目」という図をもう少しはっきり見せたかったが、「人の顔はぼかしたほうがいいよね」という指導が入ったので不本意ながら…(笑)このように。(というか、こうして縮小画像で見ると、ぼやかしていても僕の意図は伝わりそうだ!)おそらく今年度最後の作。僕はこういうデザインの仕事のほうがむいているようで、仕事を間違えた感あり。しかしこの件、阪大世界言語研究センターともどもどうぞよろしく。(器用貧乏ここにきわまれりとの誹りを頂きそうですが、僕はスウェーデン史研究者であること、お忘れなく!)

2010年2月 7日 (日)

スカイマーク茨城・神戸便、就航決定!

来た!茨城空港の開港があと33日と迫った昨日、国内航空会社としてはじめてスカイマークが、茨城空港・神戸空港間の定期便を就航させることを発表した。普通運賃でも12000円、前割21ならば5800円。航空自衛隊百里基地の滑走路を利用して造られた茨城空港だが、これまでのところアシアナ航空のソウル便しか乗り入れが決まっておらず、伊丹空港の近くに住み茨城への帰省にかかる運賃に悩んできた古谷家は、真剣に茨城へ帰省するときには伊丹→仁川→茨城を考えていた。(気分転換に、韓国への小旅行も良いものだろう。)このスカイマーク便の実現によって、茨城への帰省はかなりやりやすくなる。しかも神戸空港だというわけだから、三宮から神戸空港へむかう途中でIKEAに寄ってスウェーデンのものをお土産に持参する…なんてことも可能というわけだ。すばらしいの一言に尽きる。茨城空港だとか、神戸空港だとか、こうしたJALショック後の地方空港の「ねばり」を応援したい。

2010年2月 4日 (木)

「バルト海の夢」という警句

Oestersjoen左の地図を見てもらいたい。この地図は、先日話題にしたDigitala historiska kartorに所収された17世紀スウェーデンのバルト海世界への版図拡張を扱ったスライドにある「スウェーデンの内海としてのバルト海の夢」と題された地図である。面白いでしょう!ご覧の通り、これはバルト海世界の地図を時計回りに90度回転させた地図なのだけれども、右上に付せられた地中海を内海としたローマ帝国の地図と比べてみると、ストックホルムをローマに、バルト海を地中海に(…フィンランドをエジプト、バルト海東岸をチュニジア、ゴットランドをシチリア、ウレスンド(エーアスン)海峡をジブラルタル海峡、スコーネからユータランドをイベリア半島…といったように)準えると、バルト海帝国がローマ帝国に見えてくる…よね?見えてくるでしょう?これはこの歴史地図を作った編者の「お遊び」なのではなく、実際にストックホルムを中心としたこのような時計回りにひっくり返った地図は、バルト海帝国華やかなりし17世紀頃に「寓意」的な目的をもってつくられていた。(ローマ帝国由来のインペリウムはバルト海帝国へ継承されてはいないけれど(…だからこそ三十年戦争に参加して神聖ローマ帝国の諸侯となり、神聖ローマ皇帝の帝位をうかがう可能性を得ようとしたとも言える…)、ルネサンス以降の古典知の普及を思えば、やはりローマ帝国への憧憬が強かったということなのだろう。)僕は一昨年前くらいから自らの生きる生活圏を支える方位感覚も、同時代的・同文化的心象に根拠づけられた認識座標の上で変幻しうる「相対」的なものだ…とことあるごとに主張しているのだけれども、この地図のような見方は、「北は地表に沿って北極点に向かう」と思い込んでいる僕らの近代的方位感覚では絶対に見えてこないバルト海帝国の見方であり、近代的発想や近代的感覚の前倒しでは近世に独特な世界観を的確に捉えられないという警句を含んだ見方である(と僕は思う)。


2010年2月 3日 (水)

すべての苦しみよ…ありがとう

最近どういう訳かこのブログの閲覧数が増加している。というわけで(例によって気分転換ではあるが)このブログへの一見さんのためにもつまらない話題でも良いからチョッとアップしてみようと思う。実のところ一週間ほど体調を崩していて、何度か授業も休んでしまった。おかげでいろいろな仕事が溜まってしまい、今晩もにっちもさっちもいかない状況が続いている。今晩は自分自身が研究代表者を務めている科研基盤C『近世ヨーロッパ周縁世界における戦争と帝国再編』の報告書を整理しはじめた。(同時に明日の梅田での「世界遺産」講座の準備もしているが、明日の論題は「バルト海帝国の遺産」なのでいけるだろう。早速明日の講座では先日このブログで話題にあげたDigitala historiska kartorを使ってみようと思う。)で、この三年くらいの間、自分が勉強して思い描けるようになった見立てに従い、カトリックVSプロテスタントのような凝り固まったヨーロッパ観から離れて、スウェーデンからスペインを貫くヨーロッパの歴史のことを考えていたら、不思議なことに、なにやらスーッと心が安らかになり、ほんわかと幸せな気分になってきた。どうやら僕には、どんな睡眠導入剤や精神安定剤よりもヨーロッパの歴史が良い薬らしい。そうした幸せを今こうして噛みしめることができるのも、あれこれと自分の専門とは無関係な仕事から学ばせてもらっているからだろう。そう思うとすべての苦しみに対して「ありがとう」という気持ちになってくるね。(お医者様からも仕事を減らせ!と言われているのに、こういう発言は楽天的すぎるかな…(笑)。)

2010年2月 1日 (月)

2010年の私的手ぶら通勤スタイル

体中が痒くて仕事にならないので、気分転換に物欲系の戯言を。昨年のクリスマスにクリスマス・プレゼントがわりに申し込んだPiTaPaカードがようやく届いた。(PiTaPaは関西圏の私鉄や地下鉄、バスなどで使えるポストペイ・タイプの非接触ICカード。)大阪で生活をするようになって9年目にしてようやく僕の通勤スタイルもこれで一気に「近代」化を迎えた。

このPiTaPaカードの導入にあたっては、2010年なりの手ぶら通勤スタイルを見越していた。大阪モノレールも、阪急バスも、大阪市営地下鉄も…「ピッ」と改札を抜けるスマートな通勤姿に憧れて、すでに昨年末の時点でCase-MateのiPhone 3G/3GS ID caseを用意していた。明日からはこのケースにPiTaPaを仕込ませたiPhoneをかざして「颯爽」と改札口を通過するように…なるんだろうか…なるはずだ…なってみせる。

2010年の手ぶら通勤スタイルは、この非接触ICカードを仕込ませたiPhone主体にデザインする。iPhoneの辞書アプリが日々充実してきている話は前の発言でしたばかりだが、今年は手書きのメモ帳を持つことを完全に辞めよう。咄嗟の手書きメモはiPhoneでもとれ、とったメモはEvernoteへ画像保存する。読みかけの論文はPapersに仕込んで読める状態にしておき、ワードやパワーポイントの修正はDocuments To Go Premium Editionに任せる。(パワポを修正できるのは、現時点でDocs To GoのPremium Editionだけだ。)閲覧だけで良いならDropboxやMobileMeなどのオンラインストレージにファイルを保存しておけば十分だ。

もし研究会などでプレゼンテーションが必要な場合は、OptomaのPK102というポケットプロジェクタを、iPhoneとは別のもう一つのポケットに潜ませる。このプロジェクタ、輝度が10ルーメンと信じがたいほど暗いが、その大きさはiPhoneと同じ程度という代物。PK102とiPhoneをケーブルでつなげ、あとはTV出力が可能な画像アプリケーションを起ちあげてパワーポイント形式やPDF形式のファイルを映し出せば、ポケットに入るiPhoneとPK102だけで「手ぶら通勤&プレゼンGO」も…理論的にはOK…あくまでも理論的にはね。(いまだにこのPK102を僕は研究会などで使ったことはなく、夜の阪急バスのなかで試しにiPhoneに溜め込まれた子供たちの写真のスライド上映会をしただけ…汗、汗。出力映像がかなり弱々しく暗いんだ…このPK102。研究会を夜の阪急バスのような暗〜い車内のようなところでやるならば、はっきりと映るんだろうな…汗、汗。)

2010年の手ぶら通勤スタイルは、万能ツールの趣を呈してきたiPhoneのほかに財布、ペンケースに差しこんだLAMY2000とキーホルダで決めうち。(文房具好きの間で古典的銘品とされているLAMY2000だけれども、今ならAmazon.co.jpでマルチボールペンL401が定価の半額以下の値段で買える!)キーホルダには鍵のほかにUSBメモリとシャチハタのプチネームを掛けることを忘れない。手ぶら通勤とはいえ方々の職場で捺印は必須だから、プチネームはとても重宝している。事務方の皆さんのなかにもこれを重宝されている方がいらして話題に事欠かない。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »