最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

ヨッフムに猛省を迫られる

くそみそに忙しいので、やけくそがてら音楽の与太話を。僕にとってオイゲン・ヨッフムと言えば、中学生の頃、僕にeuと綴られたドイツ語の発音がオイであることを知らしめてくれた…そんな程度の指揮者だった。ヨッフムの指揮したカルミナ・ブラーナだとか、ブルックナーのミサ曲だとか、そうした類の宗教曲は好きだった。けれどもヨッフムによるブルックナーの交響曲は、今まで聴くことはなかった。もちろん知らなかったわけではない。中学生時代にNHKで見た晩年のアムステルダム・コンセルトヘボウとのブルックナーの演奏(5番だったか)を見たときに、「こんなおじいちゃんが、よくもこんなにもバリバリと音を出すものだ。」と感心したことを覚えている。でも「ブルックナーと言えば、朝比奈だ。」とか、「いやいや、マタチッチ。」とか、「何をおっしゃる…クナッパーツブッシュでしょう。」とかいった話が巷でなされるとき、必ず「やっぱり、ヨッフムだよね。」とかいうかたちで彼の名前もあげられると、中高生の頃の僕は、茨城の田舎者だったにも関わらず小生意気にも、そんな「ブルックナー指揮者」とかいう話に与するのが大嫌いだったので、ヨッフムによるブルックナーの演奏を自然と毛嫌いするようになってしまっていた。


ブルックナーが嫌いだったというわけではない。今でも日常のなかで突破力が求められているときなどに、僕は好んでブルックナーを聞いて気分を高揚させることがある。そんな僕にとってのブルックナーはいつもカラヤンによる演奏だった。高校生の頃カラヤンが死んだ時に聞いた彼の最後の管弦楽曲の録音であるウィーン・フィルとの7番交響曲(そしてその直前の8番交響曲)が決定的だった。浪人したときにはじめた東京生活で仕送りされてくるお金を少しづつ貯めて、ようやくカラヤンによる全集を手に入れた。統一直後の頃のドイツからの輸入盤で、あろうことか2番交響曲のCD収録にミスがあり、なぜかリストの交響詩集になっていたのだけれども、それを購入したレコード店にかけあったら即座に2番交響曲のCDを手配してくれ、「東京で生活するということは、こんなに便利なものなのか!茨城では考えられない!」と実感した思い出のある全集だった。ここからはじまってたぶんカラヤンのディスコグラフィにあるおおよそのブルックナー録音は手元にあるのだと思う。カラヤンの演奏は、上述のブルックナー好きの人たちからすれば、ときに邪道に値するものだろう。きざったらしくベンヤミン的に言うならば、複製技術を多用してクラシック音楽を大衆化させた結果、「ブルックナー的アウラ」がカラヤンの演奏には失われている…といったところか。


(カラヤン論はいずれどこかでやってみたい気もするのだが、そもそも人類の歴史はある意味情報の複製の上で展開してきたことを思えば、複製芸術っていったものは現代社会に限られた問題ではないと根本的には思っているのだが、カラヤンについて言えば、複製芸術としてのクラシック音楽を大衆化することに功績があったことは事実だろう。けれど、だからといって大衆化の結果「アウラ」が失われたわけではなく、例えばカラヤンは世界中の音楽マーケットがもとめた需要を巧みに活かして、自ら「帝王」としてのカリスマを築き上げたと理解するならば、複製芸術時代に大衆化されたクラシック音楽に適応する新たな「聖性」あるいは「アウラ」をカラヤンは築き上げたのだと評価すべきだろうね。ここで注目したいのは、複製芸術時代に対応した新たな音楽のあり方を模索したもう一人の人間であるグールドの存在。グールドはスタジオ録音に引き籠もって、臭ってきそうな不潔っぽい風貌でも、「オタク」芸術の極致として音楽マーケットに新たな「聖性」を獲得した。かたやカラヤンは、ポルシェやジェット機に美麗なモデルあがりの何番目かの奥さんを乗せてたりするような、華麗なプライベート生活をも武器として、大衆が羨む「セレブ」としてのイメージをバリバリと振りかざし、音楽マーケットに「聖性」を確立した。「オタク」と「セレブ」という両極端に位置する者が、大衆消費社会に応じた新しいクラシック音楽の「聖性」を得る過程で、共に複製技術に着目していた点は興味深い。かくかくしかじかで…大衆消費社会における「聖性」の創生を技術に裏付けて成し遂げたという点で、僕はカラヤンの最新技術をバリバリと取り入れた「工学」的音楽も大好きで(…そういう意味で僕はもちろんグールドも大好きだが…)、例えばブルックナーで言えば、カラヤンは第二次大戦中の1944年にプロイセン国立歌劇場管弦楽団と8番交響曲の第4楽章のみを…な、なんとステレオ録音していたりする。1944年の時点のステレオ録音というだけで…技術好きな僕にはたまらないのだ。)


僕は今でも浪人時代にようやく手に入れたカラヤンの全集をことさら愛聴しているけれども、大学教員となった大阪での今の生活は一撃必中の正面突破を求められる毎日なので…とりわけここ一週間あまりは…カラヤンとは違うブルックナーが聴きたくなった。例によってiTune Storeのブルックナーの品揃えはあまりよろしくないので、急遽昔なじみのレコード店から廉価版というだけでヨッフムがドレスデン国立管弦楽団と録音した全集を取り寄せた。それを聴いて僕は愕然とした。美麗と言えば聞こえは良いが風呂場で録音されたような曖昧模糊としたカラヤンの演奏とは全く異なり…分厚い和音を構成する一つ一つの音が際立って聞こえてくるのである。ブルックナーの交響曲を(よく言われるのでこっ恥ずかしいのだが)教会建築に例えるならば、カラヤンの録音はその建物全体を遠くから俯瞰して建物全体の美観を強調するようなものであるのに対して、ヨッフムの録音は建物を組み立てる建材の一つ一つやファサードに刻まれた彫刻の一つ一つをも強調するようなもの。この録音はヨッフム70代後半のものなのだけれども、明瞭な響きと静寂な休止との間のコントラストの描き方が自由自在で、70代後半の老人が指揮しているようにはとても思えない。4番や8番などの有名どころでカラヤンはノヴァーク版を用いず原典版やハース版を使うことが多かったから、そうした版に馴れた僕の耳にはノヴァーク版の演奏が斬新に聞こえたのかも知れない。ドレスデンのルカ教会という録音場所の響きも関係しているか。とにかく食わず嫌いの結果、僕はこんなすばらしい演奏を今まで知らずにきてしまったと、ヨッフムの演奏に猛省を迫られるここ数日。ヨッフムによって目から鱗が落ちるブルックナー体験が続いている。


2009年10月22日 (木)

rikeとvälde〜複合国家論のおもしろさ

気分転換に知的欲求のおもむくままの文章を。近世ヨーロッパにおける複合国家論のおもしろさは、単に様々な政体が一人の国王の統治のもとにモザイク状に寄り集まったという点を指摘することにあるのではなく、国家主権が及ぶ範囲をして領域と考える近代以降の整合的な国家概念ではとらえられない、近世に独特な様々な国家(秩序)概念が複合するところにあると思っている。某所で「ドイツ語におけるReichの語源がres publicaにつながる」と聞いてから「そうかなぁ?」と気になって(あらためて)近世スウェーデンにおけるrikeについて頭のなかを整理していた。近世スウェーデンの国家表象の概念としてスウェーデン住民たちによって自発的に用いられた事例を紐解くと、まれに本来のres publicaの意味から離れて伝統的なスウェーデン国制にはみられない政治体制を言うときに"ipse status seu respublica"といったような言い方が見られるものの、例えば"Sveriges republik"といった言い方は管見の限りお目にかかったことはない。(近世スウェーデンにおいて"res publica"は、Gemeinwohlやcommonwealthと同じようにgemna bästaとされていた。)実際に彼らが生きていた国家を呼称する際には、例えば"Svea rike"といった用例が一般的であり、その際のrikeとは、近世スウェーデンに生きた住民が自らの政治的行動の規範と根拠を中世スウェーデンの国法に求めたことからも、ラテン語で言うところのregnumに近似するものだろう。(面白いのは、中世以来のregnumに即しながらも集約的な資源動員システムとしてのstatを構築しようとしたグスタヴ1世ヴァーサが行政語としてスウェーデン語を導入しようとした際に、regnumに政治表明の根拠を求めていくスウェーデンの住民たちがスウェーデン語を拒否してラテン語を持ち上げたりしているといった事例が見受けられることだ。福音主義ルター派教会におけるスウェーデン語の導入に対しては、16世紀前半にあってラテン語の賛美歌を歌うなどしてスウェーデン住民は自己表明していたらしい。)そのように考えるとrikeの範囲として考えられていた部分は、例えば全国身分制議会への議員選出が認められていた範囲(スウェーデン・フィンランド・スコーネ)であったことからもわかるように、自らの立ち位置を保障する根拠になったスウェーデン国法の適用された範囲だということになる。ドイツ語におけるReichは今ではかつてのように「帝国」と邦訳されることは少なくなったと思うのだが(…どうだろう?…)、スウェーデン語におけるrikeは、この場合「王が統治する国」という意味ではなく、「王が統治する」という慣習も包括するスウェーデン国法の伝統が適用されている法域としての「王国」と理解したい。このように考えるならば、近世スウェーデン王権のもとに服することになった地域でも、国法が適用される地域とそうでない地域では国家(秩序)を示す概念が異なってくると容易に想像してもらえるだろう。ヨーロッパでは特定権力の保護下に包括された広域秩序圏についてimperiumというラテン語の概念があり、そのスウェーデン語訳はrikeないしväldeとされるが、以上のようなregnumとrikeの近似性を考えるならば、rikeとväldeは厳密にわけて考えなければならない。例えば、1587年にポーランドからシギスムントをスウェーデン王に招く約定がカルマルで取り交わされたとき、「二つのrike(regna)が一人の王のimperiumに服する。」と言われた。そこにみられたimperiumが王の統治権といった意味で用いられていたことから敷衍するならば、近世スウェーデンが築いたバルト海世界の広域支配圏は、スウェーデン王のimperiumの下にあった政体の複合ということになり、それこそがスウェーデン語でいうväldeという概念になる。それゆえ、スウェーデン国法が適用されていたrikeと、それが適用されない独自の政体も含まれることになったväldeが示す範囲が異なることは明らかだろう。スウェーデン王のimperiumの根拠がどういったところに置かれたかは今後の検討が必要だが(…16〜17世紀にかけて、スウェーデン王の統治下にはいったそれぞれの地域の事情によってその根拠は様々に定義づけられていただろう…)、近世スウェーデンの地平から見る複合国家(konglomeratstat)とは、そうしたväldeを対象とした方法概念だとここでは定義づけたい。というわけで、僕は腰を落ち着けてそうしたことをじっくりと勉強したい…ので時間をくれ!くれ!くれ〜!

2009年10月21日 (水)

Apple製品の低価格化

気分転換に物欲のおもむくままの文章を。今朝方Appleの秋冬向けの新製品投入(もちろんWindows7の発売を見越してのタイミングだ)が発表されたのだけれども、16:9なアスペクト比をもった液晶モニタを搭載してフルHDに対応したiMacやユニボディ化が図られたMacBookはさておき、今回の目玉は従来品の価格改定(低価格化)だと僕は思っている。新しいMacBookはその底面を見るだけでもそのデザインセンスに感服するが、AppleStoreの学生教職員向けの価格を見ると93,800円。価格改定のあった現行のMacBook Pro 13インチが108,800円。HDDの容量をみれば前者が多いのだけれども、アルミ筐体はもとより、キーボードバックライトやSDカードスロットの搭載、重量のことなどを考えると、両者の性能の差・使い勝手の差の開きが価格にしてたったの7000円しか開きがないことに驚いている。Windows7の発売もあるから、これを機にWindows7もストレスなく動かすことのできる安価で処理能力の高い「この一台!」を求める人は、MacBook Pro 13インチにむかうべきだろうね。最近このブログで「Celeron SU2300といった超低電圧版のデュアルコアプロセッサを搭載しているPC」をお薦めする発言をしたばかりで、その発言の後、国内メーカからも続々とそうしたラップトップPCが10万円弱の価格帯で発表されてきてはいるのだけれども、そんなものとは基礎体力の全く異なる高度な処理能力を秘めたMB Proが10万円ちょっとで買えるというのだから…結論としては、ストレスのない仕事や生活を送るために「オールマイティな道具を一つだけ」選ぶとなれば、後者しかありえないだろう。(本来比較をするのは間違っていると思うけれども、同じ10万円を払うならば…っていう話で言うならば。)実のところ、今回の価格改定はMBProやMacBook AirだけではなくTime CapsuleやAirMac Expressベースステーションなどの周辺機器にもおよんでいて、無線LANのアクセスポイントをたてる後者など1万円を切ってしまった。国内外の出張時に気軽に部屋を無線LAN化できる後者はとても重宝している一品なので密かにお薦めだったりもする。僕はと言えば…自宅で使っているAppleのMighty Mouseがだいぶ前から不調つづきなので(…Mighty Mouseというマウスは小さなスクロールボールが搭載されいていてスクロールコントロールするマウスなのだけれども、そこに埃や手垢、汚れが溜まることでコントロールに不具合が生じやすく、デザインはよくとも道具としての完成度はいまいちだったと思う…)、あらゆるボタンを排してマルチタッチを実現させた(という)Magic Mouseに転んで「マウスの革命」を見てみようと思う。(いつも何らかの問題を消費者に提起してくるAppleのコンセプトに魅力にやられてしまっているね。)

2009年10月 9日 (金)

【緊急】10月13日は休講です!

阪大外国語学部で火曜2限のデンマーク史ゼミ、4限の北欧地誌、5限のスウェーデン史ゼミに参加されているみなさん!今週の授業で伝達することをすっかり失念していましたが、10月13日(火)は東京出張のため一日休講です!KOANのほうにも登録しているのですが、うまく表示されるか、休講メールが配信されるかわかりません。もしこの情報を見かけたら、周りの友達にも休講の情報を伝達するようにしてください!よろしくお願いいたします。

北欧史概説

金曜3限に阪大外国語学部で北欧史概説の講義に参加されているみなさん!こちらに今週(ひょっとすると来週も?)の講義ファイルをアップロードします。よろしくお願いします。

今週の講義ファイルをダウンロード

2009年10月 8日 (木)

携帯するPCに求めるもの

トイレのなかだけが唯一落ち着ける場所…そんな日々になってしまっている。気分転換がてら一言。今日Sonyから発表された薄型軽量のVAIO Xについて。薄くて、軽くて、バッテリももつと言うではないか。値段も11万円くらいからと聞く。液晶も11インチ、VGAコネクタも内蔵…とくれば、仕事用の携帯PCとしてはなかなか魅力的だ。しかし…よくよくスペックを見るとCPUはAtom Zという。となると安価なネットブックと同程度といった感じ。Windows 7なら使えなくはない程度に動くといった感じだろう。

考えてみると、VAIO Xのロジックボードはとてもコンパクトにまとまっているけれど、あれは去年鳴り物入りで発売されたVAIO type Pとほとんどかわらないものではないか?type Pはパームレストを省いてソロバンのような横長筐体でデザインをまとめたけれど、このXはロジックボード部とバッテリ部を縦配置させ、バッテリ部の上にパームレストを配置し、ロジックボード部とバッテリ部をあわせて面積が拡がった分11インチ液晶を載せたに過ぎないのではないか?

ということでVAIO Xにあまり新奇性を感じない。type Pの小ささに違和感を感じていた人にはもってこいの選択肢だろうが、type Pの処理能力の低さに閉口した人には同じような失望感を与える可能性がある。結局のところ、「高価なネットブック」に過ぎないのだ。とはいえ、この10月後半にはWindows 7も発売されるわけで、この新しいOSとの組み合わせによる処理速度の実際に応じて、満足できるか否かが決まってくるのだと思う。

どんなに薄型軽量のPCがつくられてみても、処理能力の低さから出先での仕事が制限されてしまうのでは欲求不満が溜まるだけだろう。処理能力いう点で満足を得ようとするならば、現時点ならばAtomを回避して、Celeron SU2300といった超低電圧版のデュアルコアプロセッサを搭載しているPCを選ぶべきだろう。例えば、エイサーがつくり(昔懐かしい)Gatewayブランドで発売されているEC1400-31Kなどは、一見すると他のネットブックとそうかわらない値段(6万円程度)ながら、実のところその処理能力は格段に上である。VAIO Xの薄型軽量とは比較にならない筐体だが、しかしVAIO Xとは比較にならないコストパフォーマンスと処理能力の高さが後者には秘められている。(密かに僕のお薦めマシン。)

そんなことを書いている僕はといえば、どちらにもなびかない。一つの理由は出先でも快適な作業を確実にするOSの問題である。今の時点では、快速・安定という二点において、たとえWindows 7がローンチされたとしてもMacOS XからWindows 7へ移ることは考えられない。もう一つの理由は出先での仕事をあきらめない処理能力を愛用のMacBook Airがもっているということ。僕の日常では電車やバスのなかでプレゼンを作成し、PDFに変換して、ネットにアップする…といったことが「ささっと」行える処理能力が必要。フルスペックとまではいかないが、それに近い能力を出先に持ち出すことができたほうが出先でも妥協することなく、結果的に「いらつかない」。

5万円前後のネットブックと10万円以上のラップトップを比較することは間違っているとは思うが、僕はその差額に精神安定の効果を求めているのかも知れない。もちろん5万円前後のものを買うというならば「この値段ならこの処理能力だよね」といった精神的「割り切り」が先に立つから、それはそれで心落ち着く買い物になるだろう。買い物とは単に「金を払った代価として物を得る」という行為なのではなく、「金を払った代価として物に仮託した(自己)満足」を得る行為なのだから。となると5万円前後のネットブックと処理能力がたいして変わらないように見えるVAIO Xが、デュアルコアプロセッサを搭載したラップトップに迫るような10万円以上という価格だという話の先には、一つの結論が見えてくる。「いらつきますよ、このマシン。」…たぶん。

2009年10月 6日 (火)

僕はMicrosoft Officeを糾弾する

まただ…毎度のことだ。スウェーデン語・デンマーク語・ドイツ語・英語と日本語を混在させ、注釈などを複雑に配置させた文章をWordで編集していると、その分量がおよそ400字詰め原稿用紙にして40〜50枚以上になりはじめると、十中八九の高い割合で「突然死」が起きる。(言語の組み合わせによるのかな?スウェーデン語と日本語の組み合わせが、ガンなのではないかと思うのだけど・・・。)今も、原稿用紙にして70枚くらいになった論文を編集中に、突然落ちて・・・結構な分量の文字が水泡に帰した。四六時中上書き保存を繰り返していれば良いのだろうが、文章執筆に集中していると上書き保存のことなど忘れてしまう・・・それが普通だと思う。こうしたことが起きると、正直、創造的な気分が萎えてしまう。高価だが、しかし不具合だらけのMicrosoft Officeは、金だけではなく、創造力まで食い荒らす。わかっているから、いつも冷や冷やしながら文章執筆にあたっているが…こんな不具合を抱えた、知的な創造活動に集中できない非生産的アプリケーションが、さも生産性を高めるオフィス・スイーツかのごとく世界のデファクト・スタンダードの地位として台頭していることを、僕は糾弾したい。クロス・プラットフォームでも、今はOpen Office.orgのような無料で高機能なオフィス・スイーツが出ているし、Macだけで言うならば、EndNoteとの連携も可能になったiWorkのPagesで美しいレイアウト編集も可能だ。「Wordで投稿」と指定されているから渋々Microsoft Officeを使わざるを得ないが…正直、僕はMicrosoftの文字を見るだけで、胸くそわるくなる。

阪大デンマーク史ゼミ・スウェーデン史ゼミについて

今学期のデンマーク史ゼミ・スウェーデン史ゼミの時間と場所は以下の通りです。

デンマーク史ゼミ:火曜2限・A211、スウェーデン史ゼミ:火曜5限・A201

授業科目名は、デンマーク史が北欧文化演習VIb、スウェーデン史が北欧文化演習Vbとなっています。よろしくお願いします。

2009年10月 4日 (日)

やはり恐るべし…酒豪伝説

息子の運動会明けの今日は、大阪の町中の方々と「琉球」をテーマとした会にファシリテータとして参加した。とはいえ僕は、沖縄料理の専門家の話や沖縄音楽のミュージシャンの演奏の前座で、沖縄の食文化の来歴から見た沖縄文化の特徴みたいな話を語り、あとは合いの手をいれたのみ。僕の前座はともかく、今日の会、沖縄の食あり、酒あり、音楽ありで盛況のうちに終わった。大阪の町中に生きる人の力に感服。

いつもこの会で僕は、大学の授業では決してできない…実際に世界の食と酒を体験してもらいながら、その地域の歴史的・文化的背景を感じてもらうところに、説明の力点を置いている。今回の場合ならば、昆布を使ったクーブイリチーを用意してもらって江戸時代における北海道・富山・薩摩・琉球・中国を結んだ「昆布ロード」を感じてもらったり、読谷・那覇(ここまでは沖縄本島)・宮古・石垣・与那国の泡盛(…最後は南大東のラム酒まで!)を用意してもらって、それらを比較しながら「琉球」の文化的・地域的複合性を感じてもらったり。酒を飲み持っての歴史の講義など、まずどこの大学でも実現は不可能だろう…。

(アメリカ軍政下の話のくだりでは、沖縄料理の方が気を利かしてくれて、デンマーク王室御用達のポークランチョンミート「チューリップ」を持参してくれたので、かすかに北欧のことも触れることができた。「チューリップ」の本社はユラン半島中部のヴァイレ市にあるんだね。ユラン半島と沖縄の豚つながり…感慨深いものがあった。)

語り口は柔らかだが、内容的に妥協しているつもりはなく、「冊封体制下の海禁の結果としての琉球貿易の繁栄」(泡盛の誕生)→「豊臣・徳川政権による華夷秩序への挑戦と薩摩藩の貿易支配」(昆布食の普及)→「華夷秩序に対する万国公法体制の普及と琉球処分以降」といった形で、大きな東アジア国際体制の変化の流れを追いながら、それぞれの結果として育まれた沖縄文化の形を食や酒を通じて知ってもらおうと工夫した。

しかし…5種の泡盛(与那国のものに至っては60度)と1種のラム酒をあおった筈なのに、今はまったく酔っていない。それもこれも…かつて阪大の理系の先生から紹介してもらった酒豪伝説というサプリメントのおかげ。結論としては「酒豪伝説、恐るべし!」というオチ。(酒豪伝説は琉球大学との共同開発だというから、これもまた沖縄の食文化から生み出された産物と言えるのだろう…。もちろん東大泡盛赤門印の瑞泉「御酒」の話も、「東京土産に是非!」と話させてもらいました。)

2009年10月 3日 (土)

なんだか今日は…

image1785298148.jpg新学期の始まった箕面キャンパスの生協で発見。今学期もイケそうな気がする…洒落た逸品。

2009年10月 2日 (金)

スウェーデン語Ibのテキスト

阪大外国語学部で金曜5限にスウェーデン語Ibの授業に参加しているみなさん。こちらに今日みんなと決めたテキストのPDFファイルをアップロードしておきます。

iDisk Public フォルダへのリンク

上のリンク先からiDiskに入って、kontakter_mellan_japan_och sverige.pdf という名前のPDFファイルを選択し、同じ列の一番右にある下向きの矢印をクリックしてダウンロードしてください。(公開は来週金曜日までとします。)

北欧史概説

金曜3限に北欧史概説を受講する阪大の学生のみなさん。こちらに今週(来週も?)使用する講義ファイルをアップロードします。今日の授業では、2学期のこの授業の概要についても説明します。

今週の講義ファイルをダウンロード

【続々】関西外大のみなさんへ

関西外大の学生でこの9月に集中講義を受けてくれたみなさん!二回目のレポート提出、ご苦労様でした。10月2日の午前6時30分の時点で、僕のもとにレポートが届いている人にはすべて受領確認のメールを出しました。もし、レポートをメールで送ったにもかかわらず、いまだ僕からの返信が届いていない人は、面倒でももう一度僕宛にメールを送って下さい。取り急ぎ、昨晩までの時点で僕のところに届いているみなさんのレポートは、すべてその中味を確認できていますから、安心してください。それでは、よろしくお願いします!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »