最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【緊急】10月13日は休講です! | トップページ | rikeとvälde〜複合国家論のおもしろさ »

2009年10月21日 (水)

Apple製品の低価格化

気分転換に物欲のおもむくままの文章を。今朝方Appleの秋冬向けの新製品投入(もちろんWindows7の発売を見越してのタイミングだ)が発表されたのだけれども、16:9なアスペクト比をもった液晶モニタを搭載してフルHDに対応したiMacやユニボディ化が図られたMacBookはさておき、今回の目玉は従来品の価格改定(低価格化)だと僕は思っている。新しいMacBookはその底面を見るだけでもそのデザインセンスに感服するが、AppleStoreの学生教職員向けの価格を見ると93,800円。価格改定のあった現行のMacBook Pro 13インチが108,800円。HDDの容量をみれば前者が多いのだけれども、アルミ筐体はもとより、キーボードバックライトやSDカードスロットの搭載、重量のことなどを考えると、両者の性能の差・使い勝手の差の開きが価格にしてたったの7000円しか開きがないことに驚いている。Windows7の発売もあるから、これを機にWindows7もストレスなく動かすことのできる安価で処理能力の高い「この一台!」を求める人は、MacBook Pro 13インチにむかうべきだろうね。最近このブログで「Celeron SU2300といった超低電圧版のデュアルコアプロセッサを搭載しているPC」をお薦めする発言をしたばかりで、その発言の後、国内メーカからも続々とそうしたラップトップPCが10万円弱の価格帯で発表されてきてはいるのだけれども、そんなものとは基礎体力の全く異なる高度な処理能力を秘めたMB Proが10万円ちょっとで買えるというのだから…結論としては、ストレスのない仕事や生活を送るために「オールマイティな道具を一つだけ」選ぶとなれば、後者しかありえないだろう。(本来比較をするのは間違っていると思うけれども、同じ10万円を払うならば…っていう話で言うならば。)実のところ、今回の価格改定はMBProやMacBook AirだけではなくTime CapsuleやAirMac Expressベースステーションなどの周辺機器にもおよんでいて、無線LANのアクセスポイントをたてる後者など1万円を切ってしまった。国内外の出張時に気軽に部屋を無線LAN化できる後者はとても重宝している一品なので密かにお薦めだったりもする。僕はと言えば…自宅で使っているAppleのMighty Mouseがだいぶ前から不調つづきなので(…Mighty Mouseというマウスは小さなスクロールボールが搭載されいていてスクロールコントロールするマウスなのだけれども、そこに埃や手垢、汚れが溜まることでコントロールに不具合が生じやすく、デザインはよくとも道具としての完成度はいまいちだったと思う…)、あらゆるボタンを排してマルチタッチを実現させた(という)Magic Mouseに転んで「マウスの革命」を見てみようと思う。(いつも何らかの問題を消費者に提起してくるAppleのコンセプトに魅力にやられてしまっているね。)

« 【緊急】10月13日は休講です! | トップページ | rikeとvälde〜複合国家論のおもしろさ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【緊急】10月13日は休講です! | トップページ | rikeとvälde〜複合国家論のおもしろさ »