最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« モードの切り換え | トップページ | Mycket naturのなかで思う »

2009年5月 9日 (土)

長寿と繁栄を

原典回帰の話の続きではないけれど、"Star Trek"の11作目にあたる映画がアメリカと同日の昨日、スウェーデンでも封切られた。すでに話題になっているように、今回の作品は、カーク船長やスポックらが活躍した『宇宙大作戦』(The Original Story, TOS)への原典回帰で、登場人物はお馴染みの面々なれども、俳優陣を一新して若き日のカーク船長やスポックらの話が描かれている…らしい。スウェーデンでも、今作品で監督を務めたJ.J.Abramsのインタビュー記事などが新聞に掲載されていた。最近流行りのアメリカのTVドラマ『HEROES』で殺人鬼役を演じて注目を浴びているZachary Quintoは、まさにスポックそのもの…とか、スウェーデンでも前評判は高い。スタートレックはTOSにせよ、TNG(The Next Generation)にせよ、少年時代の僕が新しい技術や異文化接触に夢を抱いた原典的SF作品。単なる勧善懲悪なドンパチものじゃないんだな…。例えば技術的進歩に格差のある者が接触した場合どのような交渉が図られるかなど、過去の歴史的事例に鑑みた未来の描出があるから、とても興味をもった。劇中に登場する小道具Communicator(…実際に僕らの使っている携帯電話を開発した技術者たちの想像力の源となった小道具…)みたいなiPhoneを片手に、誰も訪れたことのないような書庫に足を踏み入れると、頭のなかではA. Courageのイントロとともに、"Space…the final frontier…"なんて言葉がよぎったりする…たまにはね(笑)。"…to boldly go where no man has gone before..."っていうフレーズは、正直今でも良いなと思う。日本での公開はあと三週間ほど先。スウェーデンで一足先に見てこようかどうか迷うところ。とまれ、みなさん…Live long and prosper !

(映画までは取り急ぎTOSのオープニングをご覧下さい。)

       

« モードの切り換え | トップページ | Mycket naturのなかで思う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長寿と繁栄を:

« モードの切り換え | トップページ | Mycket naturのなかで思う »