最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 思えば(本当に)遠くへ来たもんだ | トップページ | エイプリルフールではありません »

2009年3月24日 (火)

阪大デンマーク語・スウェーデン語専攻を卒業されるみなさんへ

スウェーデン語・デンマーク語専攻を卒業されるみなさん、おめでとうございます。

3年前にも出張が重なっていてブログ上から挨拶した記憶があるのですが、今年もまた海外出張と重なり、みなさんの卒業を共に祝うことができなくなりました。申し訳ありません。この場をかりて、みなさんに心から祝福の言葉を贈りたいと思います。

外国語学部での語学を中心とした勉強は、日々の積み重ねなくして修めることのできない点に特徴があることを、卒業される皆さんは十分わかっていることと思います。で、皆さんは忍耐力を発揮されて、そうした生き方ができることを見事に証明されたのだと僕は思っています。地道な努力を積み重ねたうえに大きな結果が生み出される…外国語学部での勉強の醍醐味はそんなところにあると思うのですが、卒業されるみなさんにとっては、実のところ、自分は努力を重ねる生き方ができるんだということを卒業で証明したにすぎず、それを活かした成果はこれから見いだされていくものなのかも知れませんね。そう思えば外国語学部での勉強は卒業で確かに一区切りがつくのだけれども、それを踏み台としてこれからどういった成果をこの世界で生み出すことができるのかという点、勉強はまだ続くのでしょう。

そういう意味では僕もみんなと同じく勉強中の身です。だから、これからは大学の教員と学生という関係ではなく、同じ社会人同士、一緒に勉強できることを楽しみにしています。(こう考えるから、僕は卒業をみなさんとの別れだとは思っていません。)体に気をつけて。元気であれば、(君たちが外国語学部で経験したような)見知らぬ世界を知ることのできる楽しい機会が増えるのだから。じゃ、またね。

« 思えば(本当に)遠くへ来たもんだ | トップページ | エイプリルフールではありません »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪大デンマーク語・スウェーデン語専攻を卒業されるみなさんへ:

« 思えば(本当に)遠くへ来たもんだ | トップページ | エイプリルフールではありません »