最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« バルト・スカンディナヴィア研究会関西支部第一回例会 | トップページ | 私的デンマーク語の夜明け »

2009年2月19日 (木)

“知”の汗流せ〜♪

阪大世界言語研究センター主宰の国際シンポジウムを控え、準備も佳境を迎えつつある。もちろん年度末の諸々の仕事を抱えながらだから、相当ドタバタとしている。まさに“血”ならぬ“知”の汗を流す状況が続いている。そんななか、今日は思わずMacBook Airを落としてしまった。筐体がボコッとへこんだ。外装交換にはウン万円(…ちょっと高級なネットブックPCが買えるくらい…)かかるという。正直、精神的にへこみつつ報告原稿を執筆していたら、Youtubeでとてもすばらしい動画に巡り会った。僕の好きなショパンの3番ソナタとスポ根の頂点をともに結びつけ、このような風に自由闊達にアレンジできる人は粋だと思う。涙を拭いている暇なんてない。今は、「MacBook Airが身代わりになってくれ、悪運も振り払われた!」と例によっての楽天主義。ピアニート公爵様、ありがとう。僕は力をもらった!

       

(えっとですね…「ショパンの原曲がわからないので、巨人の星にしか聞こえない!」というとんでもない指摘をもらったので、比較のために、ポゴレリッチの若かりし頃の演奏で3番ソナタの4楽章をつけておきます…お隣のポゴ様マニアな先生に敬意を表しつつ…。)

« バルト・スカンディナヴィア研究会関西支部第一回例会 | トップページ | 私的デンマーク語の夜明け »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “知”の汗流せ〜♪:

« バルト・スカンディナヴィア研究会関西支部第一回例会 | トップページ | 私的デンマーク語の夜明け »