最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 久々に良いソニー | トップページ | 現代北欧地域論4b »

2008年11月30日 (日)

IKEA鶴浜ってどうよ?

ユルウル

IKEA鶴浜へ行ってきた。鶴浜店へ行ったのははじめて。何も買う物はないので、真っ先にレストランへむかった。写真はそこで売られていたユル・ウル。アドベント(待降節)の時期に飲まれるいわば「クリスマス向けのビール」だ。モルトが深くローストされた結果、色は深いアンバーで一見うまそうに見える。ところがどっこい…そこはスウェーデンの味覚。どういう味付けをしたらそうなるのかわからないが、これが深く甘ったるい味で、一言「まずい」。この時期にしか飲めない季節限定のモノなので、この「まずさ」も年中行事のようなものとしてつきあっている。

(かつて僕がルンド大学歴史学研究所に留学していたときに、その頃、歴史学研究所の所長を務めていたキム・サロモン先生の肝いりで、その年は20世紀最後の年だったから、「クリスマス・パーティーと盛大にやろう!」ということになって、歴史学研究所はかなり大量にユル・ウルを買い込んだものの、まったくパーティーでは消費されず…そりゃぁ、まずいからだと明らかにわかるわけだが…そのパーティーが終わった後、「ダイスケ、ビール飲みたきゃ、いつでもキッチン(歴史学部の2階にキッチンがある)にユル・ウルがあるから、飲んでいいよ」と言われていたにもかかわらず、僕が急遽日本に帰国することになった翌年の3月まで、結局、消費しきれなかったという前歴がある。そのときになって僕は、「スウェーデン人も、ユル・ウルをまずいとわかっているんじゃないか…。」と実感し、スウェーデンの人たちとますます仲良くなれるような気がした。)

ユル・ウルに加えて、スウェーデンのホット・ワインであるグレッグが、グレッグ・ミックスとともに売られていた。グレッグは、赤ワインに砂糖、シナモン、カルダモン、オレンジ、クローブ、マディラ、バニラ、ショウガがミックスされた飲み物で、これを煮立たせない程度に温め、コップにアーモンドとレーズンを入れておき、そこに注いで飲むもので、やはりアドベントの季節によく飲まれる…というか、ヨーロッパではどこでも、マルド・ワインやヴァン・ショー、グリューワインといったような名前で飲まれる類の、やはり季節ものの飲み物だ。(しかし、面白いのは、それらの地域差は、ワインに混ぜ合わせる香辛料や調味料の種類である。興味がある人は、日本における「養命酒」も含めて、比較してみると面白いだろう。)

まぁ、しかし、こうしたユル・ウルやグレッグのようなものがフツーに日本で買えるようになったことに隔世の感を覚える。(そういえば、山のように積まれていた…これまた季節もののペッパーカーカ(ジンジャークッキー)は、どうするのだろう?あれは絶対に売れ残るぞ!)その点はで、イケア、よく頑張っているではないか…。この5月にスウェーデン大使が来訪された際に見せていたIKEA鶴浜の開店への意気込みも伊達ではなかった…と言いたいところだが、僕はIKEA鶴浜に一つ苦言を呈したい。

それは、レストランで提供されているシェットブッラル(ミートボール)のことだ。僕は最初15個入りを何気なく頼み、スウェーデン・ビールとともに食べ始めたときには気がつかなかったのだが、僕の妻が、リンゴンシュット(苔桃のジャム)が添えられていないことに気がついた。そこで僕らは二度目、さらに15個入りのシェットブッラルを頼み、そのときに妻は、「ジャムをつけてください。」とあえて給仕の人に申し出た。するとその人は、「お客さん、本当にジャムはいりますか?いるならのせます。」という対応をした。その対応を聞いて、一皿目に注文したときに苔桃のジャムが添えられていなかったことが「忘れた」ということではなく、確信犯的に苔桃のジャムを載せていなかったことを知った。

シェットブッラルについては、ブラウンソースと苔桃のジャムを添えて食べるのがスウェーデン本来の食べ方だ。ジャムなしのブラウンソースだけでは、単なる「スウェーデン風肉団子のブラウンソース添え」になってしまい、「シェットブッラル」とは似て非なるものになってしまう。大方の日本人は…とりわけ味にうるさい大阪の人たちは…「肉団子にジャムなんて…」と思うかもしれないが、そもそも今回のIKEA出店は可能な限りスウェーデンのスタイルそのままを日本にもちこむという方針があったはずだ。だからこそ、先に述べたように、食材コーナーでは、例えどんなに日本人の味覚にあわずともユル・ウルやグレッグ、はてはサルト・ラクリスの類まで売られているわけである。

しかしながら、どうだろう…この鶴浜のレストランの対応は!日本人むけ…あるいは大阪人むけ…のサービスだとするならば、それは余計なお節介というものである。食べたくない人、ちょっと試して嫌だと思った人は、それをのけて、肉団子だけを食べればよい。僕は、「肉団子にジャムとはなんぞや!」というクレームをあらかじめ前提としたような過度にお節介なサービスに疑問を呈する。もし本当にスウェーデンのことが知りたい…しかしスウェーデンに行く機会がない…だけどIKEAに行けば日本にいながらにしてスウェーデンの文化に触れることができるらしいという期待を抱いて、遠方からIKEA鶴浜にまで訪れた人がいたとしよう。もしその人がレストランで、「あぁ、これが夢にまで見たスウェーデンのシェットブッラルなのか!」と目を輝かせて食していたとき、もし何も知らされず、苔桃のジャムなしの肉団子を食べさせられていたとしたら…それは、何も知らされないまま「まがい物」を提供させられていたことになる。食料偽装とまで問題は深刻なものではないが、しかし、そのお節介なサービスは、スウェーデンの食文化の本来のあり方と日本の無垢な消費者を愚弄する行為だと…言おうと思えば言えるものだ。

日本にスウェーデンを夢見る無垢な消費者が多ければ多いほど、僕はスウェーデンに関わる人や企業はスウェーデンのありのままの姿を日本に伝えることが、スウェーデンに関わる者の責務だと思っている。ユル・ウルやシェットブッラルにみられる「まずさ」も、またスウェーデンの現実。その現実を受け入れられねば、スウェーデンのことなど到底理解できるようにはならない。日本風のアレンジなどいらない。なぜなら、それはスウェーデンの発想ではなく、結局、日本人の発想にしかすぎず、スウェーデンの地平から見ればまがい物にすぎないからだ。国際的に成功を収めているIKEA商法が日本にだけ適応できず、姑息な日本風のアレンジが必要というならば、やはり世界的に成功を収めているにもかかわらず、しかし狭溢な日本市場からの撤退を決めたNOKIAのように、IKEAも撤退するまでのことだろう。IKEA鶴浜のレストランでの対応が、一時的なものであることを切に願うばかりである。

« 久々に良いソニー | トップページ | 現代北欧地域論4b »

コメント

久しぶりのコメントが、という内容ですが、
私もイケア鶴浜のレストランの対応の悪さに閉口しました。
手を怪我している友人と訪れ、レストランのキャリーをテーブルにそばに少しの間、置いて待機しているときに、キャリーをしまってください、と言われたので、使いたいので使い終わったら所定の場所にしまいます、というと、自分の手で運べないのか、と言われ、運べないと言うと、じゃあ本当に所定の場所にしまうのか、と言われてしまいました。
建物はバリアフリーでも、そこに働いている人が別のバリアをつくってました。
スウェーデン贔屓としては、残念な限りです。
あまりのことであるので、クレームは?と尋ねると、電話番号を告げられ、そちらへ電話してください、とのこと。
IKEA商法なのか、スウェーデンでもそうなのか、イケアで働いている私たちは偉いなんて思いこみが店員さんにあるのかも、なんていろいろ考えてしまいます。

その後IKEAのウェブサイトを利用してこの件について優しくクレームしました。実はキッズミールについても一言言いたかったのです。メニューに肉団子と書かれていたのにだされたものはおいしくないパスタだったーーー。さて、お返事は「担当者に伝えてサービス向上に努めます」という至って無難なお言葉でしたが、確認をしに行く気力はありません。上のコメントにもあったように、もしかして鶴浜店のスタッフの意識の中に優越感があるのかも、と感じます。だったら残念。このままではブームが過ぎればそっぽむかれちゃうよ、と言いたい。なんせ日本人は熱し安く冷めやすい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IKEA鶴浜ってどうよ?:

« 久々に良いソニー | トップページ | 現代北欧地域論4b »