最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 狂ったショパン | トップページ | 小田中さん、栗田さん、お気をつけて! »

2008年8月23日 (土)

仕事の道具としてのiPod touchの近況

なぜか今日は京都の烏丸界隈にある某カフェからエントリ。このカフェには、MacBook Airのデザインがすんなり溶け込む…そんなカフェといったらどこだか場所はもうわかるかな?最近自分の勉強でPCを封印しているけれど、趣味としては使い続けているので、気分転換にPC関連の発言。最近のiPod touchの話。

iPod touchはファームウェアを2.0にアップグレードしてからは電子辞書機能が使えない日々が続いている。けれど、iTunes StoreのApp Storeにあがってくるアプリケーションを加えることで、胸を張って堂々と誰もが仕事でも使える道具に仕上げる環境は整いつつある。(電子辞書機能もいずれiDicが新しいファームウェアに対応してApp Storeで配布されるようになれば、問題はなくなるだろう。)

MacOSを使っていることが前提になるが、母艦となっているMacとiPod touchの間でファイルを往来させ容易にiPod touchでPDFやOfficeドキュメントを閲覧できるようになった。FileMagnetというアプリケーションである。ただしPDFの場合にはもととなるPDFファイルを作成する際に、パスワード設定などあまり手の込んだ仕掛けを加えると閲覧ではできないので注意は必要であるが。

同一の無線LAN環境にあるMacを、Apple RemoteのようにiPod touchを使って遠隔操作させるiSofaというアプリケーションがあって、これを使うと遠隔操作対象になるMac内部のドキュメントをiPod touch上のサファリからも閲覧できる。ファームウェア2.0のSafariでは別段特別なプロトコル設定を加えることなくPDFが閲覧可能なので、iSofaを導入してもPDFを読むことはできる。ただしiSofaの場合には、FileMagnetとは違ってiPod touchのメモリにファイルを保存させることはできないので、常にリモート接続をしておく必要があるが。

仕事柄、「こんなものがあればプレゼンも楽しくなるのに。」と求めていた機能は、iPod touchでMacを遠隔操作する機能である。とはいえ、Apple Remoteのようにあらかじめ割り当てられたアプリケーションをFront Rawよろしく操作するのではなく、iPod touchの画面をあたかもMacのタッチパッドのように使って、Mac全体を遠隔操作する機能。これが欲しかった。そうした機能は実のところ、すでに数年前にBluetooth接続が可能であるNokiaのスマートフォンを使って実現していたものであった。(2005年の千葉大学での日本西洋史学会のときにそれを使っていた。)しかし、ここ数年はauの携帯電話を使うようになっていて、それもできなくなっていた。

最近App StoreでリリースされたPadというアプリケーションを加えれば、iPod touchでもそれが実現できるようになった。同一無線LAN環境上にあるMacBook Airを連携相手として選ぶと、MacBook Airで実現されているピンチやスワイプといったマルチタッチのタッチパッド機能さえ、iPod touch上で実現できる。これによってプレゼンソフトがPowerPointであろうが、KeyNoteであろうが、自在に扱えるようになった。来月のザグレブとベオグラードでのシンポジウムの際には、早速iPod touchを使って報告を試みよう。もちろん秋以降の僕の授業ではすべてiPod touchで操作を試みようと思う。お楽しみに。

« 狂ったショパン | トップページ | 小田中さん、栗田さん、お気をつけて! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。