最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 一服の清涼剤 | トップページ | 地域研究VIII »

2008年7月 4日 (金)

スウェーデン語の発音を確認する術

二日ほどほぼ徹夜が続き(…やればできるもんだ…)、昨晩はようやく4時間ぐらい睡眠しました。睡眠っていいね。疲れたなんて、言っていられません。阪大外国語学部のみなさんのうち、今日の4時間目の北欧史講義に参加されているみなさんは、先週までに配布した講義ファイルをもって、今日の講義に参加してください。先生は、今日もしっかり働きます。

さて、とある原稿を仕上げる過程で、スウェーデン語による地名・人名のカナ表記を確認する必要がありました。スウェーデン語の発音は母音の数が日本語の比ではなく多いので、カナ表記が本当に難しいと思います。(ウィキペディアが信用できないのは、例えばカナ表記がぼろぼろなので、執筆者が本当にスウェーデン語のことがわかっているのか疑わしいというところがあります。ウィキペディアだけでなく、日本語で書かれたスウェーデンの文章全般に言えることです。)だから日本語で文章を書くときには、スウェーデン語のカナ表記には最深の注意が必要です。とりわけ阪大外国語学部のみなさんには、日本におけるスウェーデン語のスペシャリストとして、この点に留意していただきたい。

そうしたときに役立つのがtyda.seというスウェーデン語辞書サイトで、ここでは単語の発音を聞くことができます。スウェーデン語の発音を聞くときには、その単語の英語のもので検索して、意味をスウェーデン語で表示させる必要がありますが、このサイトのおかげで適切なカナ表記に近づけることもできます。あとは研究室にある発音辞典で発音記号を確認して、文章全体でカナ表記の方法に統一をもたせればよい…といった感じです。いやはや、スウェーデン語の世界は、この点、本当に奥深いものです。(個人的には、デンマーク語の発音がとても難しいので、これから訓練していきたいと思っています。)

« 一服の清涼剤 | トップページ | 地域研究VIII »

コメント

古谷先生、今日は。ご多忙を極めている先生に恐縮ながら質問が有ります。最近ネット上で、毎日新聞が外国人向けのサイトに日本人のイメージを損なう記事を載せていたことが話題になっていますが、先生は今回の事件をどう思いましたか?先生は海外滞在中に、日本が誤解されているなぁと感じたことは有りますか?もしよろしければ、ブログ上に今回の事件の感想をお願いします。また、外国語学部の学生の皆さんに今回の事件をどう思ったか聞いてみて、どの様な返事がきたか教えてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン語の発音を確認する術:

« 一服の清涼剤 | トップページ | 地域研究VIII »