最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 現代北欧地域論4a | トップページ | 近江八幡を歩く »

2008年7月20日 (日)

松本を行く

生まれて初めて名古屋から中央本線を北上して松本に滞在する。MacBook Airを馴らそうと思ったが、木曽路の美しさに目を奪われ、MacBook Airなど正直どうでもよくなる。木曽川沿いの北上は、梅雨明け一過の晴れ空の下で緑が濃く美しく映る。寝覚めの床、木曽福島のD51…見所はたくさんあって、何度も途中下車したくなる思いにかられる。「しなの」号が振り子式だったということもあって、車内で気分が落ち着かなかったということもある。通過する駅舎は昔懐かしい木造が多い。木曽が中・近世以来、中央の木材需要を支えていたことを今に偲ばせる。電車の通過するトンネルは赤煉瓦のものが多い。明治以降の殖産興業で繊維産業の中核が置かれていた信州との縁を感じさせる。

松本は物心がついてからははじめての滞在。時間はそれほどなかったが、駅から松本城や開智学校あたりまで散策。おそらく松本市内の散策は松本城にばかり目を奪われていてはいけないのだろう。信州大学や松本深志高校などに至る旧制高校のあった土地柄、生糸産業の集積地として栄えた土地柄を反映してのことだろうか、むしろ明治期以降に建てられた和洋折衷の洋館が多く残されていることに目を奪われる。あと趣のある古本や古レコード屋、洋食屋の数々。町中を歩いていて僕は「信州モダン」とでも呼ぶべき雰囲気が松本に育まれていたのではと感じる。

酒好きの運命の赴くまま、僕は松本の美味い店へと誘われる。今回、「山海亭」という落ち着いた郷土料理のお店にて、信州出身のM君の親友による造り酒屋の銘柄「大信州」を知る。松本に日本アルプスの伏流に発する清冽なる水があればこその澄みきった味わい。純米でもかなり切れ味がよく、うだる日本の暑さを一瞬忘れさせてくれる清涼な感覚が記憶に刻まれる。松本市内を散策しているとリアルエールを味あわせてくれる「オールド・ロック」というパブも見つけた。長野といえば軽井沢の「よなよな」。そのパブも「よなよな」をメインに出している。「よなよな」の工場のある佐久から距離の近い松本なら、同じ「よなよな」でも大阪や東京と比べて鮮度の高いエールを味わうことができる。だから(松本城帰りで汗だくだったということもあるが)あのパブでいただいた甘いポーターはとりわけ美味しく感じた。

今回の松本滞在の白眉は老舗フランス料理レストラン「鯛萬」での結婚パーティ。「鯛萬」の店構えは堂々たる洋館で、店内の雰囲気も品がよい。「鯛萬」の洋館は典型的なハーフティンバー様式で作られている…と僕はみた。木材が多用されているこの様式によって、エントランス、小ホール、メインダイニングに迎えられたゲストは、柔らかく暖かい感覚に包まれるような感じを得る。フランスとは言ってもアルプスに近い…例えばアルザスやロレーヌあたりのイメージ。そこは松本だから冷ややかな石造りというよりはそうした山荘風な作りの洋館がよく似合う。(僕はこれに似た雰囲気を大山崎にある山荘美術館にあるように思う。)「鯛萬」の料理はあらためて僕などが言葉を加えるまでもない上質なもの。信州の特産も用いられたりして。最近の僕としては珍しくキリリと冷えたシャルドネをたくさん頂いた。悪酔いせず食後に爽快な気分になるというのは、本当に美味しい食事を頂いたときにだけ到来する感覚。

もちろんそのパーティで幸せな気持ちをお裾分け頂いたからこそ、僕も素敵な松本滞在を送ることができたことは言うまでもない。「鯛萬」での暖かな雰囲気にあふれたパーティは忘れられない。そうだね、あんな雰囲気のある家庭を築けたらいいですね…Mくん、Nさん。おめでとう、そしてありがとう。

« 現代北欧地域論4a | トップページ | 近江八幡を歩く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現代北欧地域論4a | トップページ | 近江八幡を歩く »