最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 困難なiPod touch | トップページ | 地域研究VIII »

2008年6月 8日 (日)

問題が残るiPod touchの電子辞書化

この週末は、iPod touchの環境設定に時間を費やしました。ようやく使える程度にはなりましたが、昨日発言したように本当に難しい。いえ、正確に言えば、それなりに僕の仕事に使える電子辞書を整えようとすると難しかったということです。もし意外とすんなりと事が運ぶようでしたら、iPodを使った電子辞書の作り方を学生のみなさんにもわかるようにお知らせしようかと思ってもいましたが、この作業は無理です。WindowsやMacの知識はもちろん、途中でUNIXやMS DOSの知識も必要になりましたから。それでもやりたいという人はそうそういらっしゃらないと思いますが、以下に気がついた点を(僕個人の備忘録もかねて)整理しておきます。

現行のiPod touch(ファームウェア1.1.1から1.1.4)に対応したEPWINGビューワはiDicしかありません。最初、ビューワのインストール自体は簡単(ただし、iPod touch側へSFTP転送した後にパーミッションを0755に変更したことを必ずチェック!)で、そのあとはiPod touch内に作成した辞書データ保存用のディレクトリにどんどん手持ちの辞書ファイルをインストールしていきました。しかし、それでは、なぜか辞書のタイトルが表示されないどころか、すべてのインストールされているはずの辞書で串刺し検索ができませんでした。

はじめこの問題が起きていた頃(それは昨日の発言をした頃でしたが)、それは辞書データファイルの要領の問題かと考えていました。一つ一つの辞書データを加えていくと、およそ3GBを越えたかたりから辞書タイトルの非表示と検索ができない問題が起き始めたからです。しかし問題はそこにはありませんでした。この辞書ビューワで閲覧可能な電子辞書のファイル形式はEPWINGです。これを圧縮したEBZIP形式も処理可能です。そこでMacOS Xでも使用可能なEBZIP作成ユーティリティであるDicCompressorJを使って、すべての辞書ファイルを最高圧縮値の4で圧縮しました。(圧縮値4でも、検索スピードはそれほど落ちません。これは立派。)この操作の後、2GB程度までデータを圧縮しましたが、それでも問題は起きてしまいました。

そこで、圧縮した辞書データを一つ、一つ、iPod touch側へ転送して、どの辞書データが転送された段階で問題が発生するのかを確かめました。(一冊や二冊程度ならば、問題なく動作はしていました。)そうすると、三修社の十二カ国語辞書をまとめた(これは35冊ほどの電子辞書の集合体なのですが)EPWINGデータを転送させたところで問題が起きることがわかりました。また三修社のデータを入れず、ほかの辞書データを入れてみると、辞書のタイトル数が19冊のところでエラーが発生することがわかりました。問題はデータ容量ではなく、このiDicというビューワで扱える辞書データの見出しタイトル数に上限(19冊)があることから起きていました。

普段、PCでは40タイトル近くの電子辞書を串刺し検索して使っていますが、iPod touch側で扱える辞書タイトルの数に制限がわかったことからiPod touch側に入れる辞書の選別をはじめました。三修社の十二カ国語辞書については、Esselteのスウェーデン・英/英・スウェーデン、Gyldentalのデンマーク・英/英・デンマークの4タイトルにだけしぼりました。(ノルウェー後やフィンランド語、そのほかのヨーロッパ語は今回はあきらめました。)この十二カ国語辞書の辞書タイトルに切り分けには、CDW2EPWというMS DOSのユーティリティを使います。さて、そのほかには、百科事典系では平凡社、小学館、ブリタニカ、そして今回はウィキペディア(日本語版)、語学辞書系では英語はランダムハウス、リーダーズ(+プラス)、研究社中辞典(英和・和英)に、英辞郎、和英辞郎(…それにしても英辞郎、和英辞郎の用例数は圧倒的ですね…)、クラウン独和・仏和などを入れました。

日常業務で使う電子辞書はこれくらいで十分かなと思っていますが、検索できる辞書タイトル数が20以下に制限されてしまうのは残念なところ。これについては、今月にでも発表されるだろうiPhoneなどに採用される新たなプラットフォームの登場と、その上で開発されるであろう新たなEPWINGビューワにおいて問題が克服されることを期待しています。それにしても、iPod touch上での電子辞書の検索速度や表示フォントの見やすさなどは大変満足に足るものですが、使えるようになるまでには、ここまでややこしい導入作業が必要となると、お薦めできません。途中で投げ出そうかと思うくらいでした。本当に疲れました。(それ以外のところでのiPod touchの感想については、また後ほど整理します。)

« 困難なiPod touch | トップページ | 地域研究VIII »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題が残るiPod touchの電子辞書化:

« 困難なiPod touch | トップページ | 地域研究VIII »