最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« モノとしてのiPod touchの評価 | トップページ | 目が回る〜 »

2008年6月10日 (火)

iPod touchがようやくナレッジワーカーの道具になった

苦労の連続を経験しているiPod touchですが、その後、いくつかのソフトウェアを加えることでなんとか仕事に使える環境を完全に構築できました。(iPhone G3が発表されましたが、その一方でiPod touchにはなんら新しい機種の発表もなく、ちょっと安心しました。同僚からは、「あれだけiPhone、iPhoneと騒いでいたのに、なぜiPod touchを…。」と呆れられていますが。でも、先端的語学ツールの前衛を行くためには必要なことだったのです…って、説得力はないですね。)

例によってiDicと同じように、ゴニョゴニョとOSの内部を弄ぶ作業を経て、ブラウザのSafariにインプットタグのfile://を使用できるパッチを当て、DocsというiPod touchのローカル環境におけるドキュメントリーダとなるフロントエンドを組み込みました。このフロントエンドを加えると、SafariでPDFをはじめMicrosoftのWord、Excelで作成された文書ファイル、AVplayerを同時に加えるとMP4やMP3などのメディアファイルを閲覧できるようになります。とりわけPDFの閲覧については、PDFをPC側でJPEGに変換する必要もなく直接iPod touchに取り込んで読めるようになり、またJPEG化したファイルでは大きな問題となった合焦速度もとても快速となり、なんの問題もなく論文講読ができるようになりました。

このように、ゴニョゴニョとiPod touchに付け加えたアプリケーションは、他にMobileFinder(ファイラ)、MobileTextEditJ(テキストエディタ)、WiFiSwitch(Wifi機能のオン・オフを切り替えるユーティリティ)、NemusSync(iPod touchのカレンダとネット上のGoogleカレンダとの情報を同期させるユーティリティ)くらい。これだけあれば、と言いましょうか、iDicとDocsの二つが完全に動くようになって、iPod touchはようやくナレッジワーカーのための道具として使えるようになりました。しかし、こうして考えてみると、PDFをここまで軽快に閲覧することのできるSafariというブラウザの実力はすごいですね。

あぁ、大変でした。かつて取った杵柄でPDAを弄ぶような作業をしてしまいましたが、もう二度とこのような作業はしたくないというのが正直なところ。なんていうんでしょうか…昨晩のSteve Jobsによるプレゼンを見ているとやはりiPhoneは魅力的です。iPhoneであるならばネットワークにも常時接続できるわけですし、アプリケーションもApple社の認めるところ、正々堂々とインストールできるわけです。iPod touchだけをとってみても、いずれファームウェアのアップデートがなされた新版がでれば、それでアプリケーションを加えられるようになる。(ただし、iDicのようなEPWINGビューワがいつ出てくるかはわかりませんが。)今回の困難な経験を踏まえて、確かにiPhoneないしはiPod touchの可能性は大きなものを感じましたが、しかし今あせって困難なiPod touchの使用に走るよりも、7月11日以降を待ったほうが得策だと思います。(無論、ソフトバンクがどのような料金設定をしてくるのかにもよりますが。しかし、iPhone 3Gの本体価格は安い。日本の携帯電話がふっとんでしまう価格設定です。)

« モノとしてのiPod touchの評価 | トップページ | 目が回る〜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。