最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« パワーって、すばらしい | トップページ | 松江はやはり「美しかった」…日本西洋史学会第58回大会を終えて »

2008年5月10日 (土)

学会と爪切り

今晩は猛然と明日に迫った学会報告の最終的な詰めをしています。(20分という報告時間では、正戦論まではきつそうです。)日本西洋史学会というと、個人的には「爪切りを買う」という思い出があります。なんというのでしょうか…いつも学会ギリギリまでなんだかんだと忙しく過ごし、ふと学会の開催されている場所に着くと、大抵爪が伸びきっている(…いえ、決して「詰め」が甘いということではないですよ…)ことに気がつく経験を何度となくしているんです。日本西洋史学会は…なんというのでしょうか…普段行ったことのない土地の大学で開催されることが多く、また昔なじみの仲間が集まるという和やかな雰囲気もあるからなのでしょうか、普段の大学での日常よりもゆったりとした時間が流れている気がするのです。そうしたこともあって、優秀な研究者の方々を前にしながら、あらためて自分自身を見つめ直す良い機会になっているということなのでしょう。自分の爪が伸びていることを気がつくというのも、そうしたことの反映かもしれません。で…問題はですね…日本西洋史学会へ出かける度に、そこの土地で爪切りを買って爪を切るということが多かった。でもって、当然購入した爪切りは自宅へ持って帰るので、なぜか、学会に参加する度に自宅には爪切りがいくつも溜まっていくのです。ご当地の土産用の爪切りとかではなく、普通にコンビニで売られている何の変哲もない爪切りが。「あぁ、あの爪切りは福岡で買ったものだ。」、「この爪切りは札幌で買ったものだ。」と一つ、一つの爪切りを眺めると、その時々の学会の思い出が蘇ります。そんな僕に対して、学会へ出かける度に爪切りが増えて困っているのは僕の妻で、昨晩も早速、「松江でまた爪切りを買わないように、爪ぐらい切って行きなさい。」と諭されました。はい、今回は手の爪も、足の爪も切り終えて、スッキリとした身で松江に向かいます。

« パワーって、すばらしい | トップページ | 松江はやはり「美しかった」…日本西洋史学会第58回大会を終えて »

コメント

どんな学会だったか来週の授業で教えてくださいね!
ぁ、こないだの土曜についにIKEAへ行くことができました(笑)
おもしろいもの買ったんで来週お見せします!

旅行セットの中に爪切りを入れておくのはどうでしょう?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85145/41151546

この記事へのトラックバック一覧です: 学会と爪切り:

« パワーって、すばらしい | トップページ | 松江はやはり「美しかった」…日本西洋史学会第58回大会を終えて »