最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 増える春 | トップページ | 研究室に戻れず、ごめんなさい! »

2008年4月23日 (水)

よき出会い

昨日は昼間にしっかりとデスクワークをこなして、そのかわり晩はこの春に大阪へいらしたKくんとイングランドから一時帰国されているGさんと連れだって、西中島なんて場所で楽しい時間を過ごしました。

大阪経験があまりないお二人にいきなり西中島というのはディープな選択かと思いました。それでも新大阪近辺は東京と行き来するには便利な場所であるし、大阪の食文化は西中島や東三国といったいわゆるキタやミナミには属さない場所でも、よいお仕事をされている方々に支えられていることを知ってもらいたいとの僕なりの選択。最後は例によって例のバーで締めましたが、知的好奇心に支えられたコトバが共有されると、あっという間に公共圏を築ける酒場の懐の深さを実体験してもらえたのではないでしょうか?大阪の町中にあふれる懐の深さって良いものです。

お二人とも大学の後輩にあたりますが、むしろ海外での研究ということでは先輩にあたる。そんな世界を知っているお二人に、大阪の町中はどのように映ったでしょうか?(それにしてもかつて本郷で同じ机を並べたみなさんと大阪の町中で再び語り合う時間をもつことになろうとは夢にも思わなかったことです。昨晩は2000年に大阪外大で開かれた日本西洋史学会のような昔話もでてきましたが、まさかあの頃僕らが大阪で再び出会うなんてことは想像できなかったですよね。僕は、本郷で勉強させてもらったことが仲間を得ることで大阪にもしっかりと根を張り、やがて本郷とはまた違った花が開けばいいなと思ったりしています。)

お二人とも元気そうで、なにより第一線級の研究者としての話をうかがうと、こちらが勉強になります。かつての本郷の仲間で共同研究をやりたくなりました。僕らの学舎は将来のつながりもしっかりと用意してくれていたのだということを再認識した瞬間、そしてよき先輩・後輩に恵まれたことに心から感謝。僕らの世代のみんなが研究者番号を獲得する頃合いを見計らって、いずれ大号令をかけましょう。申請書執筆みたいなデスクワークや共同研究運営のノウハウは僕に任せて…ね(笑)。

今日の大阪もとても良い天気なのですが、颯爽としたお二人の姿にこちらのやる気も刺激された形。実に爽やかな宴、よい仕事に結びつきそうなよい再会。ありがとう。さ、気分切り替えて、授業、授業っと!

« 増える春 | トップページ | 研究室に戻れず、ごめんなさい! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よき出会い:

« 増える春 | トップページ | 研究室に戻れず、ごめんなさい! »