最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 授業と研究の間 | トップページ | 地域研究VIII »

2008年4月27日 (日)

ナレッジワーカーのためのiPod

今日は子供と僕だけで大阪モノレールに乗って北摂を練り歩いていました。いつも大阪モノレールにのっているときには「忙しいなら忙しいなりに移動中の勉強のやり方もあるだろう 。」と考えています。かつてはそれがPDAによるものだったし、最近は携帯電話だったのですが、PDAの小さな画面と低速な処理能力では非効率的で生産性が悪い。携帯電話の場合、携帯電話のドキュメントビューワ機能は緊急時のおまけ程度くらいにしかならず、データ通信速度が遅くてどうにもこちらの要求するスピードについてきてくれない。スマートフォンも悪くはないのですが、Nokiaが採用しているシンビアンOSではEPWINGビューワがなく、そうなると無骨なWindows Mobileしか選択肢は残されていません。しかしながら、スマートフォンでは携帯電話で使えている非接触型ICのような便利な機能が使えなくなってしまう。そんな短所がいろいろあって、決定打は今もありません。

実のところ移動中の勉強といっても、パソコンを広げてしまえば確かにそれで事足りてしまうのですが、イラチな僕は少しでもパソコンが緩慢な動作をするとすぐカッときてしまう。それにパソコンを広げるためには座る必要がありますが、立ってでも読んでいたいときがある。そうしたときには、なんらかの携帯デヴァイスに頼るしかないわけです。移動中にすることは、論文を読んだり、書類を確認したりすること(…ときにはメール書きもある…)くらいなので、細かな文字がはっきりと閲覧できてサッと動くものであれば良いということになります。意外と知られていないことかも知れませんが、画像情報をクリアに表示できる液晶画面をもっている携帯デヴァイスとしてiPodがあります。例えば、現行のiPod nano 3Gは、液晶サイズは2インチ程度、解像度も320×240ピクセル程度ですが、ドットピッチは204dpiという数値で、実のところ、液晶サイズのより大きなiPod ClassicやiPod Touchよりもドットピッチは高く、そのぶん小さな液晶でもクッキリと画像が表示されます。

ここ数年、会議資料や論文のほとんどはScanSnapを使ってPDF化していますが、PDFファイルをJPEGに変換して「写真」扱いにし(ScanSnapの場合は、取り込みユーティリティの設定をPDFではなくJPEGにすればあらかじめJPEGファイルとして取り込めます)、そのJPEGファイルをiTunesを使ってiPodに転送すれば、「話の上では」高く詳細な画面をもったiPod上で文字情報を十分に追える筈です。「そうか!あんな小さな画面でも動画ファイルのみやすいiPodならば、論文もサクッと読めるはずだ!」と思いつき、早速、上に述べたような方法で今僕が使っているiPod nano 3Gに転送してみました。結果は…PDFの取り込み、Mac上におけるPDFからJPEGへの変換、iTunesを経由したiPodへの論文ファイルの転送まではもう「お見事!」としか言いようがないほどスムーズな作業で完璧だったのですが、肝心のiPod nano 3Gでは写真は液晶サイズの大きさに写真の大きさが最適化されてしまい、その画像を拡大することができず…そりゃぁ、2インチ程度の小さな液晶では文字は完全につぶれてしまって、アウト!顕微鏡でもモバイルしていれば別でしょうが。

となると、こうした論文や資料の閲覧という目的でiPodを使うとなると、画像ファイルの縦横移動や拡大縮小を液晶画面に指で触れることで自在に扱えるiPod Touch(ないしはiPhone)が最適ということになりますね。iPod Touchには無線LAN機能も内蔵され、Safariのようなブラウザや簡略版ながらメールソフトもついていますから、外出先でのおおよその情報収集も可能となるでしょう。もしサードパーティ製のソフトウェアも自在にインストールできるようになれば、例えばEPWINGビューワを載せて電子辞書を構築できる可能性もでてくる。なるほど、ナレッジワーカーのための電子道具として、iPod Touchの可能性は高いのだなと感じています。とはいえ、7月くらいには第三世代携帯電話の機能を搭載したiPhoneが発表されそうという話もありますすから、しばらくはせっかく復活させたiBook G4の重さに耐えつつ、様子を見てみようと思います。(そうだ…iPod Touch発表直後にそれを購入したものの、最近僕に指摘されるまで無線LAN機能の存在を知らなかった同僚のYさんをたきつけて、今回の論文閲覧のことを実験してもらおうかな。Yさんも大変お忙しいナレッジワーカーだから、iPodはユーミンを聞くためだけのものではなく論文の閲覧もできると知ったら、きっと喜んでもらえるでしょう!)

« 授業と研究の間 | トップページ | 地域研究VIII »

コメント

はじめまして。
ipod touchでのPDF閲覧についての記事を読ませていただきました。
自分も全く同じです。
ほとんどの資料をPDF化しており、一番手軽に閲覧できるデバイスはないものかと探していました。自分は医師という職業柄、常にパソコンを持ち歩くわけにいきません。
自分でまとめたword資料なども、PDF化して綺麗な画質で閲覧できたら最高です。
今はすごくipod touchが理想的ではないかと考えています。icomicというソフトを使用すると、さらに使い勝手がいいみたいです。
ただ、どれだけ細かく見れるかが心配で購入をためらっています。
もし、ipod touchでの閲覧をためされていたら教えていただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 授業と研究の間 | トップページ | 地域研究VIII »