最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Galeのデータベース試用公開 | トップページ | 「リンネの帝国」への旅 »

2008年3月 1日 (土)

文系学生・研究者のお役立ちツール(5)

最近の研究スタイルでは、電子化された史料・資料・論文を蓄積することが一般的になり、どなたもそれらが膨大な量になりつつあることでしょう。みなさんは、例えばPDF化された論文をどのように管理していますか?僕は、Papersで決めうちです。そもそもPDFの操作についてはその軽快さからMacに一日の長があるわけで、それゆえにこのPapersもMacのソフトウェアであることをお断りしておきます。

PDFの管理はEndNoteやiTunesなどでもできるのですが、Papersの便利なところは、PDFの登録の簡単なことは言うまでもありませんが、Google BooksやGoogle Scholar、ProjectMuseといったレポジトリにある情報を検索して、そこにあるPDFがダウンロード可能ならばダイレクトに取り込み、自動的に登録される点はすばらしい。それに、研究者が論文を読みながら地道に勉強する姿に即して、「痒いところ」に手の届いている点。例えば、フルスクリーン表示(Macならとても軽快)にPDFを展開しながら、同じ画面でノートがとれる…。MacOS XがLeopardならばデフォルトの辞書検索機能と連携させて、単語検索も一発でできる…。そして、徐々に蓄積されていく書誌情報はEndNoteにエクスポートできるし、Copy as EndNote Citationも直接ワードに流し込める…。

とにかく便利。これを研究活動で使わない手はないでしょう。もし、これから真剣に研究作業のデジタル化を考えている方がいるならば、Papersをキラーソフトとして考えてMacに移行するのも良いかもしれない…そう思わせるくらい優秀なソフトで、僕はお薦めします。

« Galeのデータベース試用公開 | トップページ | 「リンネの帝国」への旅 »

コメント

文献管理ツールとして私はFirefoxの拡張であるZoteroを愛用しております。お勧めです。
http://www.zotero.org/

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文系学生・研究者のお役立ちツール(5):

« Galeのデータベース試用公開 | トップページ | 「リンネの帝国」への旅 »