最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月24日 (日)

Galeのデータベース試用公開

東大の近藤和彦先生から許可を頂きましたので、こちらのブログにも情報を公開します。Gale社のご厚意でこの3月末まで、以下のページからGale社に電子媒体としてデータベース化された史料を検索・閲覧できます。

http://infotrac.galegroup.com/itweb/seiyoshi

パスワードは、fulltext (3/31/2008まで)。

いろいろと試用公開されていますが、個人的には社会経済史研究の第一級史料とされてきたGoldsmiths'-Kress Library of Economic Literatureが公開されていることに感激しています。例えば、18世紀スウェーデンの政治経済学を考える上で重要なシュデニウスやベルフ、ファゴットといった思想家・学者の18世紀当時の文献が軒並み閲覧できています。ECCOなどと違って、スウェーデン語による文献が手に入る点が今回のすごいところ!スウェーデン本国における電子化はまだ進んでいないと思いますので、さすがはGoldsmiths'-Kress Libraryです。

数百ページある文献を一気にPDF化できないあたり、いろいろとお考えがあるのかもしれませんが、しかし、こんなに重要な文献がネットで入手できるのですから、ありがたい。(実のところ、この3月初旬にストックホルムへ出張するのですが、そのときやろうとしていたRiksarkivetへの政治経済学関連文献の調査は、これで事足りてしまうことになる!)

学生のみなさんも、どんどん試用期間を有効に使って、こうしたデジタル化された史料データベースの有用性を知ってもらいたい…と言いたいところですが、ここまで所蔵文献数が膨大になると、著者名や書名がわかっていて「決めうち」できるならば良いですけれども、ますますキーワード検索における入力キーワードの「適切性」が効率的な史料探索の肝になってきますね。キーワードの連想検索システムがGale社のデータベース検索システムにはありませんから、キーワード入力の「適切性」という壁をクリアするには、普段から様々な研究文献を読んで、それぞれの時代の史料で記述される文章の内容や言語表現の特性などに敏感になって、「テキストへの嗅覚」を鋭くしておくことが必要でしょう。

そう…だからこそ、どんなに史料がデジタル化されていっても、究極のところ、それが記述されている言語への感覚を鋭くすることを訓練しないことには、「データベースにやみくもに鉄砲を撃つようなもの。」というわけで、「デジタルな史料収集とアナログな言語解析の循環」こそが大切なんだと確信します。僕はここでごそっとデジタル化された史料を入手しておいて、この春からのゼミでは18世紀の文献を読ませて、学生のみんなにその感覚を身につけるよう訓練させよう(笑)…って、そんな18世紀のスウェーデン語を読む能力なんて需要がないか(汗)。

2008年2月22日 (金)

錫婚

今日、結婚十周年を迎えました。錫婚というそうですね。錫がなければ青銅にもならないわけですし、考えてみれば錫というのはなかなか大切な鉱物です。

久しぶりに今日は、妻と二人だけでフランス料理をゆっくりといただきました。いいですね、フランス料理。(店は豊中のラ・メゾン・ブランシュというところ。詳細はよしこん日記をどうぞ。)量も適切、なにより時間の流れが適切。フランス料理が「美味い」と再認識させられました。妻との思い出のなかでは、結構東京でもフランス料理を食べていたと思うんですけどね。(ほら、結婚パーティーをした南青山のお店もそうでしたでしょ。)

本来他人であった人とこんなに長く一つ屋根の下で暮らし続けているということは信じられませんが、お互い干渉しあわず好きに生きているやり方が良いのだと妻と二人納得しています。よしこん、ありがとう。これからもよろしく。

2008年2月19日 (火)

エウレカふたたび!

雪の松江から帰ってきました。一年ぶりの松江は暖冬の昨年とは異なり、たくさん雪が積もっていました。出雲空港へ降りる直前、雲の切れ間から宍道湖にむかって降りていく飛行機(SAAB340)から見えた風景は、水墨画のようでした。普遍主義、宗派体制化、正戦論、軍事革命etc…キーワードは出そろいました。雪の松江で面白い報告ができそうなインスピレーションを得ました。加藤先生、渋谷さん、学生のみなさん、島根大学のみなさん、本当にありがとうございました。脳の学問的機能・創造的機能が再活性化してきました!

2008年2月10日 (日)

パソコンに求める資質

今日は、昨晩新しい研究の発想が浮かんで気持ちが良いので、久々に駄文を。昨晩はその構想を思いついてから、すぐさま後輩にチャットでその構想を語ってウケの度合いを確認してから、ネットで研究状況を確認。ウン、イケル!その中途で、浩瀚なリンネの書簡集まで速やかに手に入った!そのフルテキスト版までも。スウェーデン語のフルテキスト版は特殊文字が反映されない場合が多いが今回は違います。だから、昨晩は明け方近くまで膨大なリンネの書簡から「Fäderneslandet」なんていうキーワードを引っかけながら読んでいました。雪の寒さなんて忘れてね。思いついたらネットのリテラシーさえあれば、すぐに勉強を始められる!すごい時代です。

(しかし今回もまた、阪大になったことの利益は何もなかった…阪大で使える電子ジャーナルは、なぜ人文系の雑誌タイトル数があんなに少ないのでしょう…総長先生、お願いします!)

さて、ほうぼうから「最近どうしたの?」と問い合わせをいただくとともに、ほうぼうから「MacBook Air、買ったら見せてください!」との声を頂いています。(最近はMacばかりなので最新のパソコンのこと、全くわからなくなりました。ご相談を受けても的確な回答ができず申し訳ありません。)最近、某所に設置した仮想研究所のほうでの活動が忙しくなっています。

僕は(今のところ)MacBook Airを買う予定はありません。なにより高くて買えません。ドライブが内蔵されていなくて、アプリケーションのやりとりの時間がかかるものは、今の自分には使えません。仕事での即効性と、長時間の仕事に耐えうる耐久性が第一。効率を第一に考えれば、重くても高い解像度のMacBook Proに軍配を挙げています。でも、あの薄さには惹かれるものがあることも事実。誰ですか?…S.ジョブスの先月のプレゼンを見て、「世界最薄」っていうのは「禿げ上がった頭」だって言っているのは?(そんな記事を妻から紹介されました。)

最近、2004年頃に購入したパソコンがバタバタと息を引き取っています。面白いように年末年始の仕事中に、あれもこれもダメになりました。いや〜、本当なんですよ!我ながらびっくりもはや笑うしかありません。研究室のMac miniは内蔵HDDにソフトウェア上の問題が生じシステムクラッシュをおこし、HPのTabletPCは物理的に液晶部と本体部をつなぐヒンジ部分が破断しキーボードが使えず…。(例外的には2006年購入のMacBook。あれはパームレストの断裂だから、本質的問題ではないけれど。)

結局、パソコンの面倒を見ている時間もないので放ったままです。五体満足で仕事に使えているのはMacBook Proくらい。(MacBookもはやく修理しよう!あれは良いものだから。)パソコンは消耗品だと理解しています。4年近く働いてきてくれたものならば、そろそろガタがきても良い頃なんですよね。4年前と今とで違うことは、今の僕の仕事量。昔はソフトウェアのインストールに時間をかけることもできたけれど、今は時間がないのでとにかく即効性と効率性と堅牢性を求めます。

エウレカ!

ご無沙汰しています。生きています。先日、ほんの少しだけ本郷に滞在。その際に、一つの研究案が思い浮かびました。バルト海帝国、複合国家、スコーネ、ゴート主義、啓蒙、政治経済学(Political Economyの訳はこれでいいの?)、啓蒙専制、スウェーデン、日本。キーワードは出そろいました。『リンネの帝国』。30代中に完成させます!

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »