最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 共同研究室のMac mini運用開始です | トップページ | Googleグループのススメ »

2007年12月 7日 (金)

深夜に渇を入れる

深夜に渇を入れようとiTunesで、例えばストコフスキーの編曲ものなどを聞きまくっています。誇大妄想的変態の極致。で、何気なくiTunesのpodcastのところを弄んでいたら、東大podcastがブラッシュアップされたようで、安田講堂で開催された公開講座も見られるようになっています。ポッドキャスト配信を教育に応用することの効果は、だ〜いぶ前、かな〜り前にこのブログでも発言した通りで、先進的な技術導入に意欲的な内外の大学では一般的になりつつありますよね。

で…そこに近藤先生による昨秋の公開講座「人口」における「人口停滞の世紀とその後」も配信されているではないですか!近藤先生の講義を久方ぶりに拝見し、そりゃぁ〜一気に目が覚めましたよ。というか、これ動画閲覧できるiPodならば、いつでも携帯して見られるわけですよね。

もう世界中の大学の講義をこれで公開しちゃいましょう、教務・学務関係の情報管理はmoodleあたりにお任せして。少なくとも学会などでの著名な研究者による公開講義・講演は、本人の承諾が得られるならばどんどん配信してもらいたい。さすれば、どんなに仕事が忙しくて箕面の山を離れられないといっても、いつでもどこでも勉強できるようになるのだから。たとえそれが阪急バスのなかであっても近藤先生の話が聞けるなんてすてきだし、もしスウェーデンの大学での講義がポッドキャスト配信されていれば、たとえ大阪モノレールのなかでもむこうの講義を受けられる。今まではSveriges Radioどまりで、まぁ時事ネタも耳の練習には良いのだけけれど、活字媒体ではなくそれを語る研究者の語り口を目の当たりにしながら、学問の最前線を見たい、知りたい、勉強したい。

う〜ん、ポッドキャストも音声だけではなく、動画も閲覧できるiPodがやはり必要かな。近藤先生の講義も、やはり先生の身振りなどがあって目が覚めましたし。iPod touchならばネット接続もできてGoogleの提供するサービスもほぼ使えるし、ゴニョゴニョとやればスウェーデン語の電子辞書も使えるし。(ただし、もととなる辞書データはもう入手することは不可能でしょうが。)それに携帯電話の機能なんかついていたら最高なんだけれども。となると、やはりiPhone待ちという結論かな。ん?結局この発言も物欲的?

« 共同研究室のMac mini運用開始です | トップページ | Googleグループのススメ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜に渇を入れる:

» エルメス [,深夜に渇を入れる]
また読みに寄らせていただきます! [続きを読む]

« 共同研究室のMac mini運用開始です | トップページ | Googleグループのススメ »