最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 見てくれている人 | トップページ | 会心の授業 »

2007年10月10日 (水)

iPod Shuffleで気がついたこと

統合したからといって、旧法人が解体したからといって、実のところ、何も変わっていない気がします。昨日も授業に、書類書きに、事務方との連絡に… ということで、誠に時間的に綱渡りの生活でした。そして、おそらく今日もそんな一日でしょう。休む暇がありません。そんなときに良い気分転換になっている のは、やはり音楽。エレベータでも、廊下でも、階段でも、授業と会議以外の時間は、どこでもiPodで聴いています。

連休中に仕事の傍ら、最近は、あまり聴かなくなった古典的名曲の数々をiTunesへ網羅的にリッピングしていました。バッハ、モー ツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、ドボルザーク、チャイコフスキー、R.シュトラウス、マーラー…。 今愛用しているiPodはShuffleなので、これらの作曲家による曲の一部だけがシャッフルされた状態で転送されるわけですが、何のプログラム性もな く、これらの古典的作曲家の曲を、「バイキング料理」的スタイルでつまみぐいすると実に面白い。(次に何がとびでるかわからない、ロシアン・ルー レット的音楽鑑賞とでも言えば良いですかね?)

例えば、これらのリッピングを行う直前に取り込んでいた作曲家は、よりによって夭逝の作曲家ギヨーム・ルクーの作品全集だったのですが、ルクーの 『アンドロメダ』の一節あとに、マタイだとか、モツレクだとか、第九だとかの一節が来ると、「あぁ、やっぱり『アンドロメダ』は所詮ローマ賞第2位の作品 にすぎないよな…。」ってマジで感じてしまう。(ルクーはやはりヴァイオリン・ソナタで決めうちでしょうか。ルクーさん、ごめんね。たまたまシャッフルされたら、バッハとか、ベートーヴェンとかの間に入っちゃったんで、あなた、運が悪かったんですよ。っていうか、24歳で死んじゃうは、名曲は埋もれるは…で、あなた、本当にツいてない人なんですね…ってことも感じる。)つまり、なんていうのかな…大作曲家が大 作曲家である所以というのが、ロシアン・ルーレット的にShuffleしてマイナー作曲家と並べて聞き比べると明らかに感じられるんですよね。

それともう一つ。最近ようやく巷でブレークしている小島よしおの「そんなの関係ね〜!」です(…このブログはでかなりはやい段階で紹介していたと思います…)が、昨日、ひっさしぶりにベートーヴェンの7番交響曲の第1楽章がシャッフルされてでてきたときに、「これって、小島よしお的リズムじゃん?」とふと感じたんですよね。最近は、「瞬間最大風速的に一発屋としてすぐに忘れ去られそう」と言われている小島さんですが、同じ所属事務所の偉大なる一発屋芸人であるダンディー坂野などと異なる点は、僕は強烈な拍を刻むリズムとそれに併せた振り付けの連続にあると感じているんです。で、昨日、何気にベートーヴェンの7番を聴いていたら、そこに小島よしおと近いものを感じた。ほら、誰だったっけ、ワーグナーだったけ?ベートーヴェンの7番交響曲のリズムをもって、「舞踏の聖化」なんてかっこよく(たいそうらしく…(笑))表現していたのは。で、もしここで、もっともらしくワーグナーの言葉を借りてくるならば、小島よしおの躍動感も、ある意味、「舞踏を聖化した裸芸」と言えるんじゃない?どうだ!ワーグナーを介在させて小島よしおの芸の特性をベートーヴェンに結びつけたのは、日本ひろしといえども、このブログが最初だろう…(汗)。

(というか、やっぱ、狂ってるかな、狂ってるな、わたくし。科研申請にむけて、あれこれと異分野間連携の共同研究の草案を考えていて、ラリっている証拠です。)

« 見てくれている人 | トップページ | 会心の授業 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod Shuffleで気がついたこと:

« 見てくれている人 | トップページ | 会心の授業 »