最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 『ユリイカ』10月号 北欧神話の世界 | トップページ | 地域研究VIII »

2007年10月 1日 (月)

Ex Oriente Lux et Pax

昨日は日曜日でしたので、国立大学法人大阪外国語大学はひっそりと消滅し、そして今日大阪大学のなかに新しい外国語学部が発足します。僕は所属としては、学内措置として新設される世界言語研究センターの所属となります。それに伴う個人情報などの変更は、プロフィールで確認ください。(大学宛のメールアドレスは@以下が、world-lang.osaka-u.ac.jpに変わります。古い外大のものもしばらくは使えるそうです。)大阪外大の旧課程が残りますので、学生のみなさんにとってはこれまでと変わらない教育が保証されます。(事務に関してはしばらく引き継ぎなどで問題もあるかも知れません。)

この機会に是非発言しようと思っていたことがあります。大阪外大の校是にEx Oriente Lux et Paxというものがありました。僕たち人間の文化的営為、社会的営為の根幹を支えるものとして言語がある以上、言語と言語圏の教育・研究がもつ普遍的意義は揺るぎのないものです。それゆえに、大阪外大が築いてきた言語と言語圏の教育・研究は法人の解体をもって朽ちるものではありません。大阪外大に保たれた世界の言語と言語圏に関する知見は、大阪大学に引き継がれ発展されられるべきものです。大阪から発っせられる世界への「光」。この「光」が大阪大学という新しい母体で通じて、ますます輝きが増すよう微力を尽くしたいものです。

« 『ユリイカ』10月号 北欧神話の世界 | トップページ | 地域研究VIII »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ex Oriente Lux et Pax:

« 『ユリイカ』10月号 北欧神話の世界 | トップページ | 地域研究VIII »