最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 子供の関心事 | トップページ | 記録更新 »

2007年7月17日 (火)

オヤジ、奮闘する

連休も終わりということで、論文執筆を一時中断し、家族で近所をドライブ。ただし、僕は運転免許証をもっていないので、妻の運転で。東豊中に最近できた蕎麦屋さん「木田」で舌鼓をうつ。大阪に来てはじめて、「美味い!」と思った。蕎麦好きなキースの山本さん、ここの蕎麦はめっけものですよ!(桃山台から豊中方面へむけての東豊中は交通の便は悪いが、他にも隠れた名店は多い。)

以前から、僕の書斎にただ積まれているだけのスウェーデン空軍の戦闘機のプラモデル・コレクションに関心をもちはじめた息子に、「近いうちに飛行機のプラモデルを買って、一緒につくろう!」と約束していたことを実践。(いずれ、スウェーデン語専攻の研究室に、スウェーデンが軍事国家であることの証として陳列しようと収集したコレクションは、フランスのエレールやイタリアのイタレリといった会社の貴重なもので、さすがに子供に供出することはできず…汗。)

しかしなんですなぁ、最近、模型屋さんってのは完全に衰退してますね。近郊型大型店舗の大手おもちゃやさんでは、ガンダム、ガンダムばかりでスケールモデルなんて置いていない。そんなに良い物なのか…ガンダムとやらは?かといって、昔は近所によくあった模型屋さんってのは、この界隈で全く見かけなくなっている。みんながみんな、ガンダム、ガンダム…で売れるものを売りたがるのがこの世の常だから、そうなっちゃってるのか…。それとも、ゲーム全盛で子供たちはプラモデルなんて関心を全くもたなくなっているのか…。

今日は、毎年春の入試業務で関西大学へ行っていたときに、大阪外大のプラモデル好きの同僚(…結構、いるんですよね…)の間で噂になっていた関大前の関西模型にまで行ってみたけれど、あいにく定休日。そこで、上野東にあることを記憶していた小さな模型屋さんに「駄目もと」で行ってみたら、そこには、ちゃんと長谷川模型の1/200スケールのボーイング777-300(息子の希望でJAL仕様)があった。売り場面積のとても狭いお店のおっちゃん、あんまり売る気なさそうだったけれども、そんな雰囲気がとても懐かしいお店でした。あぁいう昔ながらの模型屋さんは、是非続いて欲しい。

で、このボーイング777-300なんだけれども、最初はパーツ数も少ないし、「子供でも楽勝じゃん?」と高をくくっていたのが大間違い。さすがは「世界のハセガワ」によるモールドは精巧そのものだし、デカールの数ときたら頭くるくらい。息子には、エンジン部分を組み立てさせ、あとは日の丸など、大きな目立つデカールだけ貼らせて、残りは僕自身、素組みをするのがやっと。ディスプレイ台に展示しようものなら、ピンバイスで支持部分に穴をあけなきゃいけないなんて作業、4歳児には酷だよ。1/200とはいえ、さすがは双発機で世界最長を誇るB777-300なんで、30cmクラスの大物。今回は、子供相手だから素組みで済ませたけれども、このサイズになると接合面がぴったりといくわけでないから、本来ならばパテ盛り込んでヤスリがけをし、コンパウンドをかけて塗装に入るところをはしおった。

一言、疲れた…けど、こんな感じで、この週末は心身ともにリラックスしながら時間を過ごすことができました。と思った矢先、先ほど東京の先生から、「ぼくも負けずに奮闘します」というメールを頂きました。アイスランドへ出張するまであと2週間。僕も奮闘します。

« 子供の関心事 | トップページ | 記録更新 »

コメント

ドラケン、ビゲン、グリペン……懐かしい……。

84年頃、『エリア88』ではドラケンが「まだまだ現役で通用する」と評価されていたのを思い出します。

それはさておき、かつて古谷さんと小生の共通関心事であった軍事革命論、楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オヤジ、奮闘する:

« 子供の関心事 | トップページ | 記録更新 »