最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 【ミネルヴァの関係者の皆様へ】近世軍事革命論、もう少しです! | トップページ | オヤジ、奮闘する »

2007年7月16日 (月)

子供の関心事

古谷家の特徴の一つは、現代日本文化を代表する「漫画本」が家に一冊もないということに求められます。また、日曜日の夕刻は「ちびまる子ちゃん」や「サザエさん」を決して見ないことが不文律となってきました。しかし、最近、子供たちがまる子ちゃんやサザエさん、あろうことかドラえもんやアンパンマンにさえ関心を持ち始め、それらに関する関心が皆無である僕は途方に暮れています。仕方ないので、Youtubeやニコニコ動画で見せたりしていますが。とはいえ、古谷家で漫画が全く受容されていないというわけではなく、古くは「美味しんぼ」、新しいところでは「鉄子の旅」なんてものは大好きなわけです。(ニコニコ動画なんて見てますと、懐かしい「美味しんぼ」がたくさんアップロードされていて、久しぶりに見ると丸の内線がステンレス車両になる前の「アミアミ」な模様のあるものだったりして懐かしくなりますね。)僕はいわゆる「鉄ちゃん」ではないんですけれども、「鉄子の旅」の鉄オタと漫画家の珍道中は見ていて実に面白い…時代の風は鉄オタに吹いているとするならば、息子よ、よかったね!というのも、息子は地図マニアにして、鉄マニアに育ちつつあるので(って、誰の影響なのだろう?)「鉄子」はわかりやすく、大受けです。(この間、リヒテンシュタインの国旗を言い当てたときには、「この子は一体どうしちゃったんだろう?」と真剣におもいました。)そんな子供たちに「悪いことしてるなぁ…」って思うのは、僕の「若手芸人の青田狩り」の趣味で、最近、「そんなのカンケイねー!」でおなじみの小島義雄くんを見ていたら、息子も娘もそのわかりやすい芸をまねする…まねする…まねをする。で、息子は小島くんがすっかり人口に膾炙しているものと思いこみ、どうやら幼稚園で「オッパッピー!」とそのネタを披露したらしいのだけれども、誰にもそれを理解してもらえず封印してしまったらしい。かわいそうな息子。ごめんなさい…こんな親で。子供の友達づきあいを考えるならば、やはりアンパンマンやちびまる子ちゃんを見せておくのが穏当なようです。

« 【ミネルヴァの関係者の皆様へ】近世軍事革命論、もう少しです! | トップページ | オヤジ、奮闘する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の関心事:

« 【ミネルヴァの関係者の皆様へ】近世軍事革命論、もう少しです! | トップページ | オヤジ、奮闘する »