最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今週もなんとか乗り切った… | トップページ | 地域研究VIII »

2007年6月 2日 (土)

超「緊縮」型週末

支出を超「緊縮」化した週末を過ごしています。

今日は、娘むけに携帯電話にミッフィーちゃんの動画を変換して見せたり、息子がデジカメに取りためた写真をMacに取り込んだり。しかし、今時の携帯電話はすごい。僕はカシオのW51CAというものを使っているけれども、コマ落ちなしで完璧に「ミッフィー、ミッフィー、ミッフィーちゃん!」って、苦もなくあのテーマを再生している。(見たい人は、いつでも実演します。)明日は妻の持っているW43CAとデータを共有できるか実験の予定。ミッフィーも、いないいないばぁも、デコボコフレンズも、携帯電話で見られるようになれば、子供をあやす良い手段になるだろう。(これが海外で使えればさらに重宝するのに。)

息子には、カシオ(…僕は、カシオ好きです…)のEX-Z3という昔のデジカメと初代Mac miniを以前プレゼントしていたのだけれども、今日にいたって「メモリが一杯になったからMacに入れたい。」って言うんでお手伝い。MacOS Xの良いところは、デジカメを接続させればデフォルトで入っているiPhotoに自動的に写真が取り込まれ、アルバムが整理されるところ。まさに子供でも楽々操作ができる。息子も、これでローマ字で日本語を入力できるようになれば、Macの操作は完璧だろう。(息子には悪いが、うちのMacはすべて英語版キーボード。)で、早速スライドショーしてもらったら、200枚以上ある写真のうち50枚以上は世界地図と各国国旗の写真。聞けば、「地球にある国の名前を全部覚えたい。」とのこと。

地球儀の話(…結局、餅は餅屋で、息子の地球儀は帝国書院の学校教材用のものに落ち着いた…)を以前したと思うけど、息子の世界地図に対する関心は異常なまでに高く、そしてその質問は歴史的な観点を加え、鋭さを増している。どうやら彼が通っている幼稚園の地球儀は古く、「ソヴィエト連邦」の表記が残っているらしく、「どうしてソヴィエト連邦はロシア連邦になったの?」とか質問を寄せるようになった。そのくらいの問いなら即答もできるが、この間など「日本はロシアに「北方領土を返せ!」と言っているけど、どうしてサハリンはいらないの?」とか。(…うちの隣にロシア領事館があるので、息子は小さいときから「北方領土を返せ!」という言葉を知っている…)はて…どうして答えたら良いものか…。まだ漢字が読めないので、「知らないことをそのままにしておくのは恥ずかしいことだから、自分で調べなさい。」と…このブログのタイトルにある言葉をはいて、逃げることもできない。

自分は自分で大量にストックされているアクアヴィットをなんとか他人様に消費してもらえるように、おいしい飲み方を試行錯誤したり。とりあえずレッドヴァイキングという、アクアヴィット・マラスキーノ・ライムジュースのカクテルあたりから。これはこれで甘くて、さっぱりとした口当たりが妻には好評。(しかし、僕にとってはジュースに近い。)それから、地方ローカル局で流れていた『ロッキー』一作目を見て、叩かれても、叩かれても、立ち上がる姿に…妻からはせせら笑われるも、号泣。何度見た作品か知れないが、今回の涙の量は半端じゃなかった。その裏には今の自分があるからかな。

こんな週末も良いかもしれないね。

« 今週もなんとか乗り切った… | トップページ | 地域研究VIII »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超「緊縮」型週末:

« 今週もなんとか乗り切った… | トップページ | 地域研究VIII »