最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 第26回北欧歴史家会議にエントリーした! | トップページ | 今週もなんとか乗り切った… »

2007年5月31日 (木)

僕は処理速度が欲しい…

学生のみなさんには、ごめんなさい。右目の調子が悪く、体も熱っぽいので、今日は自宅待機をしています。(めずらしく、会議が一つも入らなかったものですから。)

で、バロックにはまっているということを前に発言しましたが、疲れていても最近僕の知的回路は再び活性化してきたので、手元にある史料をデジタル化しようとPDF変換・OCRの作業を繰り返しています。仕事は待ったなしの状況が続いていて時間もないので、再活性した知的回路を十全に動かすためには、圧倒的な処理速度をもった機械が欲しくなります。

昨年くらいからデュアルコアプロセッサが普及しはじめた結果、画像処理など格段に処理速度はあがりましたが、ここに2GBくらいのメモリが搭載されていないとどうにもならない。デュアルコアでも、やはりCore2Duoってものならもっと速くなるんでしょうね。そんな新しい技術をいまだ使ったことないので、どれだけの恩恵を預かることができるのか、不明ですが。

しばらく「忙しいから…」といって研究室のPC環境をないがしろにしていたのですが、忙しいなかでも研究を進めねばならないという現状にあっては、限られた時間を有効に使うために圧倒的な処理速度が必要なのだろうなと思い直しています。MacBookは安いにもかかわらず処理能力の高いベターな選択肢ですが、重い。日本市場むけにAppleがMacBookの軽量版を出すという噂もあるのだけれども、アイスランド行きに間に合うかどうか…今更、Windowsマシン?!国産のPCはやけに高価だし…ばかばかしい。なんだか、こうしたことを考える時間は、実に非生産的でむなしい。

« 第26回北欧歴史家会議にエントリーした! | トップページ | 今週もなんとか乗り切った… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕は処理速度が欲しい…:

« 第26回北欧歴史家会議にエントリーした! | トップページ | 今週もなんとか乗り切った… »