最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 頭に電撃走る! | トップページ | Rydeen 79/07 »

2007年2月 7日 (水)

衝撃の事実

今日の夕方のニュースで知ったのですが、箕面を全国的に有名たらしめている「箕面の滝」。な、なんと、最近は水量がめっきり減ってしまったので、ポンプで水をくみ上げて、滝を流しているんですってね!ポンプくみ上げの電力費が、年間3000万円近くかかっているという。

僕が大阪外大着任した頃から延々と続いていた新御堂の延長工事ですが、ようやく箕面トンネルがこの5月末に開通して一段落するらしい。そのニュースの報道によれば、このトンネルが箕面の滝のある箕面国定公園の下を通っていて、工事の結果、箕面水系の水量が減少しているというんです。いくつかあった川も涸れてしまった…と。

この巨大トンネルができることによって、豊能とか、能勢とか、北摂の北限に位置する界隈の人たちにとって便利になるのかと思いきや、通行料が600円もかかると言うし、第二名神とつながるという話も、当の第二名神はいつになったらできるのかもわからない状況だし。ま、また「大阪府…やっちゃったね」って感じで、あきれることはあれ、驚きはしないのですけれども。(先行き見境のない事業ばかりなので、慣れている…慣れているってのが怖いんですが。)

思い返せば、僕が大阪外大に来た頃、あるいは日本西洋史学会が大阪外大で開かれた頃、今、彩都と呼ばれて開発の進んだ地区はまだ手つかずで、北摂の山並みのなかにありました。しかし、ほんの数年しかたっていないのに、今じゃ立派なニュータウン。大阪モノレールも、この春に延伸します。(モノレールの駅が遠いので、大阪外大はその恩恵にあずかることは今のところ無理な感じですが。)あぁ…北摂どうなっちゃうんでしょう?

(うがった見方をすれば、地球温暖化の急激な進行で海水面の上昇がこれから一気に進むとなると、大阪の港湾部が水没する恐れが予想されるから、はやいうちに標高の高い北摂の山間の地域を開発し、やがてそこに都市機能を移す…なんて大阪府は考えていたのか知らん。いや、そんな未来のこと、考えずの都市計画だったのでしょうが。)

« 頭に電撃走る! | トップページ | Rydeen 79/07 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の事実:

« 頭に電撃走る! | トップページ | Rydeen 79/07 »