最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 久しぶりの梅田 | トップページ | 松江から »

2007年2月18日 (日)

Intel Mac への移行完了

久しぶりにPCネタ。自宅書斎用にIntel Core Duoを搭載したMac mini(コンボドライブの安いほう…Core 2 Duoの搭載を待てませんでした…)を導入しました。この1月にThinkPad X40が沈黙して以来、復旧させるにも時間がかかり面倒なので、自宅でも、外出先でも「虎の子」MacBookを用いていました。で、ようやくこれで自宅の作業はMac mini、出先の作業はMacBookという体制が整いました。Intel Coreプロセッサを積んでいれば、Parallels上でWindowsを快適に動作させられるので、Windowsによるスタンドアローンな環境は全く要らない。そこで、完全にWindows環境を自宅からなくしました。あ〜、すっきりした。

今回のMac miniの導入にあたっては、キーボード・マウス・iSightが余っていたのでそれを流用。今回、追加投資したものはモニタだけで、それもBenQの格安19インチワイドのFP93VW。WXGA+の解像度、デジタル・アナログの二系統の入力端子をもっていて2万円台で売られている。かなり安いですが、ドット抜けなどなく、今のところ順調。うちではBenQという名前が「便器」に聞こえるらしく、かな〜り、うけてます。デザイン的には不評ですが。

まぁ、人それぞれ、いろんな意見があるとは思いますが、最近の僕はお金がないので、いかに安価で効率よく仕事の環境を整えられるかに、関心が集中しています。そうなると、20数万円もするWindowsVistaの搭載されたラップトップPCを一台買うよりは、同じくらいお金をかけられるならば、MacBookとMac miniで二台体制をとったほうが相互補完的にバックアップも取れるし、精神的に良い気がします。MacBookなら一番安価なもので139800円、Mac miniだと74800円…。

それから、この春休みには、自分の研究室からパソコンを撤去しようと思います。酷い話だけど、どうせ大学に行っても、研究室でパソコンに向かって集中して研究をさせてもらえる時間などありませんから、パソコンなんて研究室に必要ないんですよ。(より正確に言えば、パソコンがない今様の大学教員のワークスタイルは、どのように実現できるかを探求してみようという野心もあります。いつまでもパソコンに縛られている時代じゃ、ありませんぜ。)メールやブログは、すべて携帯電話でできていますし。でも書庫や学生相談の場としての使い勝手はありますので、研究室自体は必要。で、僕の研究室にある自作パソコンですが、埃をかぶるよりは共同研究室に移設して有為な学生のみなさんに有効利用してもらったほうが良いと思うので、スキャナから、プリンタから、モニタ、キーボード、マウス…すべてを提供します。スウェーデン語、デンマーク語の学生のみなさん、今しばらくお待ちください。この春の新学期からは、共同研究室でパソコンを使える環境を完璧に整備しておきます。

« 久しぶりの梅田 | トップページ | 松江から »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Intel Mac への移行完了:

« 久しぶりの梅田 | トップページ | 松江から »