最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ショックな出来事 | トップページ | ガンボ&オイスターバー »

2007年1月 7日 (日)

梅田で佐世保バーガー

特筆すべきことのない一日でしたが、今年は以前のように何気ない日々の出来事も書き連ねてみようと思います。

今日の朝は、この2日に3年ぶりにお会いしたNHKカメラマンの電ちゃんから諸々の写真が送られてきて始まりました。彼とは学生時代からの「ガンダム」仲間でしたが、今や彼も立派なカメラマンで、なにやら最近は政府専用機に乗って首相らとともに中東やロシアなどを巡っているらしい。で、政府専用機と言えば運行は航空自衛隊なわけであって、「フライト・アテンダントも女性自衛官なんでしょ?」と聞いてみたら、「もちろん記念撮影済み」との答え。今朝、彼女たちのご尊顔を拝すことができました。誠に凛々しく立派な面持ちです。

今日は論文執筆に集中しようと思っていたんですけど、リビングの電球も切れているし、新しく乗り換えた携帯電話用のmicroSDカードも必要でしたので、ちょっとばかり梅田に出かけてみました。新御堂筋も、ハービスENTも空いていたのですが、ヨドバシカメラ梅田だけはあいかわらずすごい人だかりでしたね。ヨドバシカメラ梅田の偉いところは、あの建物のなかに入っているお店をとっかえひっかえして、常に訪れる者に新鮮な感覚を与えようとする戦略に立ち運営されている点でしょう。例えば、去年の年末にはユニクロが入りましたし、今日行ってみたら、7階のフードコートに佐世保バーガーのお店がオープンしていました。

昨年長崎で放送大学の収録をした際に、足を伸ばして佐世保まで佐世保バーガーを食べに行こうかと本気で悩んでいたのだけれども、結局、フカヒレののった長崎ちゃんぽんで満足してしまっていた僕は、長蛇の列をものともせずこれを初めて食す機会を得ました。味の基本はマヨネーズ・ソース…なのでしょうか。ビール片手に食したのですが、この組み合わせは良いですね。佐世保では「一杯引っかけた後に佐世保バーガーを食す」というスタイルがあるそうですが、納得。

それにしても、全国展開している佐世保バーガーのお店はその店だけの利益を追求するというのではなく、佐世保市内の他の店も紹介することで佐世保市の観光PRに努めているんですね。また長崎方面へ出かけたくなりましたね。で、そうしたPRに使われている佐世保バーガーのキャラクター、アンパンマンの作者であるやなせたかしさんによる「佐世保バーガーバー」と「させぼのボコちゃん」。はじめ本当にアンパンマンかと思ってしまった。これはどうにかならんかね?

追記 梅田のNU茶屋町にあるオイスターバーで、2日の発言で紹介したオイスタースタウトが飲めるところがあることを発見!

« ショックな出来事 | トップページ | ガンボ&オイスターバー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅田で佐世保バーガー:

« ショックな出来事 | トップページ | ガンボ&オイスターバー »