最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 僕の大切な『キース』のこと | トップページ | さらばSoftBank、こんにちはau! »

2007年1月 4日 (木)

僕流「もったいない」の実践

最近いろいろなところでケニアのワンガリ・マータイ女史による「もったいない」キャンペーンを目にするようになったからというわけではないのだけれども、僕としても、昨秋のトラブル発生以来、 ほったらかしにしておいた2年半もののThinkPad X40がこのままでは「もったいない」っていうんで、 ちょっと本腰を据えて復旧作業に取り組んでみました。

最初はHDDのオールフォーマットからいかなければならないかなと予想していたのですが、 落ち着いてチェックディスクから取り組んでみるとバッドセクターを数カ所発見しただけで、それらを修正してみたら何の問題もなく動作する。 「なーんだ、問題はそれほど深刻じゃなかったんだね」と安堵した傍から、 昨秋の外装交換時に見出していたパームレスト部の断裂が大幅に進行していることを発見。例によって山形県長井市にあるパーツ屋のデータ・ ポイントさんに即効連絡して、部品を取り寄せて、交換終了。とても3年目を迎えたサブノートパソコンには見えなくなりました。 「できる男のビジネス・ウェポン」、晴れて復活!

いやはや、最近はMacばかり使っているのですが、 Macの安さと比べるとWindowsのラップトップパソコンって平気で20万円以上もしたりするから、 そう易々と買い換えることはできないんですよね。となると、部品を一つ一つ交換して使い続けられるThinkPadは、「もったいない」 精神につながるなと思ってしまう。大量生産・大量消費を旨とするDellやHPでは、こうはいかないでしょうね。 (AppleのPowerBookも、ネット上で部品が出回っているからリペア可能ですが。かつては東芝も秋葉原のチチブ電器あたりで、 リペア用の部品を買えたっけな。)

« 僕の大切な『キース』のこと | トップページ | さらばSoftBank、こんにちはau! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕流「もったいない」の実践:

« 僕の大切な『キース』のこと | トップページ | さらばSoftBank、こんにちはau! »