最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 僕の大切な『キース』のこと »

2007年1月 2日 (火)

幸先の良い初飲み

昨年の年末は家族だけ金沢へ帰して、来年度の概算要求の確定が財務省からあった関係で、大阪で仕事をしていました。かといって今年のはじまりが悪かったわけでもありません。家族を迎えにちょっとだけ金沢へ行ったのですが、 元旦に大阪へ帰る直前に金沢駅の近くにできたオイスターバーで食した生牡蠣とオイスタースタウトは最高でした。そう、今年の僕の飲みは、 オイスタースタウトで幕を開けたのです!

生牡蠣にゃシャルドネが定番でしょうが、 生牡蠣とスタウトという組み合わせも意外と歴史があるんですよ。オイスタースタウトが飲めないこれまで、 僕は生牡蠣にはギネスをよく併せていました。それでも絶妙なわけです。で、オイスタースタウトは、 20世紀にはいってイングランドのとあるブリューワリーが牡蠣の身と殻を含ませて牡蠣食用につくったスタウトで、 芳醇かつ濃厚な麦の香りと誠にクリーミーな泡立ちが特徴。とりわけ注目すべきは泡。とてもしっかりとした泡なので、 生牡蠣の殻を置いてみてもそれが底に沈むようなことはありません。一頃は生産するブリューワリーもなく、幻のスタウトとされていたものでもあります。

日本でも岩手の世嬉の一酒造や茨城の木内酒造などが近年開発に成功したとの話を聞いていましたが、 なかなかそれを飲む機会にはありつけないでいました。それをようやく、この元旦に飲むことが出来たのです!なんと、 すばらしいことではありませんか!大阪でオイスタースタウトを見かけた方がいらしたら、是非ご連絡ください。共に盛り上がりましょう! 本当に美味しいんですから。

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 僕の大切な『キース』のこと »

コメント

ガンボ&オイスターバー金沢店、ホールのチーフやらせてもらっているものです。
先日はご来店ありがとうございました。
読ませて頂きました。

まさかここまでオイスタースタウトの歴史をご存知の方がお見えになっていたとは…と思うとますます身の引き締まる思いです。


お客様のご指摘のとおり、当店のスタウトは木内酒造さんのものを使っております。
季節によって旬の産地の牡蠣の殻を使用して出来るビールです。
まさしく特徴は「泡」ですよね。
あとは濃厚な割にギネスほど口当たりが重たくないんです。
すっきりしています。
コーヒーを飲んでいるようなほのかな甘みも特徴ですかね。

あの味を保つのは結構大変なんです。
すごく気圧・気温に敏感なビールでして、国産メジャー4社の生ビールのように管理が簡単ではなくて…
実はスタッフでも苦戦しながら提供しているんです(笑)
それほど難しいだけに手をつけるところが少ないんでしょうか。


また、よろしければお住まいの大阪にも店舗があります。
梅田・茶屋町のNUというファッションビル
難波のなんばパークス
どちらにもオイスタースタウトございますので是非立ち寄って見て下さい!


突然の訪問、失礼致しました。。

コメントありがとうございます。ご多用のところ、コメントをいただけるとは大変うれしく思います。元旦のお昼に幼子を抱えながらお邪魔しましたが、店員のみなさんからとても親切な対応を頂いたこともあり、楽しい時間を過ごすことができました。

先日伺ったときには、仙鳳趾産と室津産の牡蠣を頂いたと記憶しています。北海道の牡蠣と言えば一も二もなく厚岸のものが有名になってしまっていますが、そうではなくて、そちらで仙鳳趾のものが食べられたことも、「今年はさい先が良い!」と思わせてくれる経験でした。仙鳳趾、水揚げ量も少ないと聞いていたので、前々から食べたかったんですよ。

オイスタースタウトは、やはり木内酒造さんのものでしたか!だいぶ以前に木内酒造さんからいただいたメールのほうに、オイスタースタウトを卸しているという話がありましたので、「ひょっとしたら?」と思っていたのです。大阪にも店舗があるということで、気軽に尋ねてみようと思います。

おいしい生牡蠣にオイスタースタウト。ガンボさんのますますの発展をお祈り申し上げます。金沢へ行くときには、また立ち寄りますね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸先の良い初飲み:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 僕の大切な『キース』のこと »