最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月10日 (日)

切なくなった…

最近の生活のなかで切なくなったこと。

  1. 1歳半になる娘。会議などで帰宅が遅くなる日が多いのですが、先週のある日、朝、娘に顔を合わせたら、「おはよう」じゃなく、「おかえり〜」。
  2. グスタヴ2世アドルフと同じ日12月9日に4歳になった息子。今日、風呂に入ったときに、「お父さんの仕事は?」と聞いてみたら、「会議」との答え…。
  3. 「今日も会議を乗り切ろう!」と意気揚々三揃えのスーツで臨んだ先週のある日。どうにもズボンが落ちてくる。「おかしいな?新調したばかりなのに。また痩せたかな?」と思ったら、ベルトをしてくるのを忘れた。

なんで、こんな僕になってしまったのか?

地域研究VIII(緊急修正します!)

関西外大のみなさん!明日11日月曜日の講義ファイルをアップロードします。ココログのメンテナンス作業が長引いたとはいえ、このように遅れたことをお詫びします。また明日は通常の3時間目の授業のほかに、5時間目に同じ教室で補講をします。補講分の講義ファイルもここにアップロードします。ちなみに、明日の3時間目では「イェリングとビルカ・ホーブゴーデン」、5時間目では「ターヌムの岩絵」をご覧に入れます。(この点を修正します。下の講義ファイルも差し替わっています。ヴィスビーは来年に回しましょう!)お楽しみに。

明日11日の3時間目の講義ファイルをダウンロード

明日11日の5時間目の講義ファイルをダウンロード

現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II

大阪外大のみなさん!今週12日の講義ファイルをこちらにアップロードします。年内は、この講義ファイルの内容まででいっぱいいっぱいかと思いますが、第二次世界大戦まではいけるでしょう。よろしくお願いします。

今週の講義ファイルをダウンロード

2006年12月 5日 (火)

寛厳自在

どうにも、気持ちが悪い日々を過ごしています。妻曰く、「僕に出会ってから、最もいらついている」と。気持ちの悪さは、肉体的に起因するものではなく、精神的なものです。主に学内行政のこと。

先週、僕は教授会で10分近く演説にも似た科研申請の報告をぶちました。その後に続いた別件の報告では、僕が働いている研究推進室への批判を頂きました。しかし、その方への答えは「ここで語れることはありません。」が関の山でした。非公開が客観性と平等を生む制度もあるものですから、例え日頃よきつきあいをしてくださっている方々にも、心を鬼にして臨まねばならないことがあるのは確か。正直、公に言葉を語れないところで内心忸怩ものもあります。しかし、それは仁義に反する不義理を働いた結果ではない。

この間、『功名が辻』を見ていたら、「寛厳自在」が唱えられていました。最近見ていたテレビ番組のなかでは、珍しく蒙が啓かれる言葉でした。この一年、僕は研究推進室の仕事をしていて常に「厳」たる立場を貫いてきました。「厳」たる正論を貫徹することは、不明瞭・曖昧・馴れ合いを廃すると信じていたからです。教授会の翌日、お隣の研究室の朝鮮語のO先生から、ほぼ「寛厳自在」に似た助言を頂きました。O先生、曰く「鞭ばかりでは人はついてこないよ。」と。

この一年を振り返りつつ、重い課題ではありますが、学内行政のなかで「寛」と「厳」の両立がいかに可能なのか、しかと考えたいと思います。

2006年12月 4日 (月)

地域研究VIII 第二学期末課題について

関西外大の皆さん!今日の授業で話し合った2学期末の課題の件について、この発言に内容を整理します。

北欧の都市、あるいは北欧の世界遺産のうち、自分の関心のあるものを一つ選んでレポートする。

そのレポートでは、

(1)自らが選んだ都市あるいは世界遺産の基本的な情報
(2)それをレポートの対象として選択した理由・根拠


を必ず内容として触れること。なお、参考情報は文献、ネット情報など自由選択で構わず、特に制限は設けない。ただし

(3)レポート執筆上用いた参考情報の出典を必ず付記する。

レポートの分量は図版込みで原稿用紙換算7枚~10枚程度とする。

提出方法は(1)直接手渡し、(2)メールの添付ファイルに限られる。

(1)手渡しの場合は2学期最後の授業である1月22日を最終期限とするが、1月15日の授業で手渡すことも構わない。(2)メールによる提出は、原則として手渡しができないことを事前に連絡してくれた人にだけに限定する。メールでの提出希望者は、今後の授業で申し出ること。それ以外は、原則としてメールによる提出を認めない。

以上です。

地域研究VIII

関西外大のみなさん!今日の授業では、『森の墓地(スウェーデン)』のDVDを見てから、解説をします。解説の際には、先週の発言でアップロードした講義ファイルを、忘れずに持参してください。よろしくお願いします。

現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II

大阪外大のみなさん!今週の講義ファイルをアップロードします。いよいよ20世紀に突入です。講義ファイルは、これを含めて、あと三つ。よろしくお願いします。

今週の講義ファイルをダウンロード

師走となりました

師走となりました。ブログ更新が停滞していることから察していただける通り、こちらは相も変わらずな状況。体調はぼちぼち、授業は快調なんですが。問題は今年中に終わらせねばならない仕事があと三本あること。学内行政が相変わらずにつき、皆様にはご迷惑をおかけするばかりです。すみません。とりわけ学外の皆様、学生のみなさん。仕事や相談の時間がとれなくて申し訳ありません。

2006年は、2005年の反省を踏まえてこのブログでの発言をかなり控えてきたのですが…結果、どうにもはや不満が募るばかりの一年に終わりそうです。ですから、私、年男を迎える2007年には気分一新、このブログのなかだけでも、2005年のぶっちゃけ度を復活させたく考えています。今年もあと一ヶ月ないですね。気忙しい季節ですが、皆様も無理なされませんよう。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »