最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 授業って本当に楽しいですね! | トップページ | スウェーデン語専攻の語劇台本の朗読ファイル »

2006年10月17日 (火)

戦友としてのThinkPad

どうにもThinkPad X40の調子が悪い。結局どこに行くにもThinkPadを持ち歩いていた負荷の結果なのだろうか。このThinkPad、僕は相当に深い愛着をもっている。これが最後のIBM謹製マシンだったからというだけではない。使い始めは2004年夏のストックホルムでの北欧歴史家会議とケンブリッジでの『政治社会』研究会のとき…そして今、2006年秋、件の『政治社会』は最終成果を整理中。あの頃は、まさか今の自分がこんなスッチャカメッチャカな状態になっているとは思わなかった。このThinkPadはこの2年ほどで激変した自分の身の回りの環境に適応しようと共に戦ってきた「戦友」の感じがある。この2年ほどのすべての経験が詰まっているような感じがする。だからこの2年ばかりの研究成果である『政治社会』の論文は、この戦友とともに仕上げたいと思っている。あと少し、あと少しだから、なんとか、生き延びて欲しい。

« 授業って本当に楽しいですね! | トップページ | スウェーデン語専攻の語劇台本の朗読ファイル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦友としてのThinkPad:

« 授業って本当に楽しいですね! | トップページ | スウェーデン語専攻の語劇台本の朗読ファイル »