最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 苦渋の方針転換 | トップページ | Parallels小括 »

2006年8月 8日 (火)

WindowsXP on Parallelsにおける16bitアプリの導入

表題の件について解決策を求めてネット上を徘徊していたら、情報を見いだしました。(先達の方々のお知恵には深く感謝申し上げます。)個人的なメモになりますが、今後Parallelsを導入して同じような悩みを抱えている人がいらした場合の参考情報として、解決策を示します。

WindowsXPのC:\windows\system32\config.ntにあるhimem.sys以外のdevice、devicehighをすべてコメントアウト(rem)します。コンフィギュレーションシステムのコメントアウトによるコンベンショナルメモリの解放なんて、十数年前のDOS時代の技法です。今や64bit時代に突入しているというのに、こうした前世紀の遺物に囚われてしまうあたり、なんとも…。

とはいえ、裏を返せば、これまでのWindowsはそうした遺産を大切に保護してきたOSでもあり、だからこそ、まったく新たなOSとして新機軸を打ち出そうとしている次期Windows Vistaの開発は相当に難儀なことで、それゆえに開発も遅れに遅れているのだろうと、善意で考えたいと思います。

ひとまず、この問題、解決してよかった。これでMacOS XのParallels上でスウェーデン語やデンマーク語の辞書も問題なく動作するようになりました!

« 苦渋の方針転換 | トップページ | Parallels小括 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP on Parallelsにおける16bitアプリの導入:

« 苦渋の方針転換 | トップページ | Parallels小括 »