最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 金沢食い道楽 | トップページ | 痛快ネタ、三題! »

2006年8月17日 (木)

働け!灰色の脳細胞!

帰阪して、久しぶりに先日このブログでも紹介したクロフサスグリ(カシス)の火酒を飲んだら、頭と胃がすっきり。(そういえば、スウェーデンはシュールストロミングの季節が過ぎ、そろそろザリガニパーティーの季節でしょうか。)暑さと疲れのせいもあるのでしょうが、ここ数日、眼球の奥の方の頭痛がとれないでいました。それに一昨日金沢から帰ってくるときに食べた(…というより食べ過ぎた…)笹寿司のせいか、ずーっと胃がおもたるい感じでした。クロフサスグリのハーブコーディアールと言えば、かのエルキュール・ポアロも愛飲していたことを記憶しています。ヨーロッパの伝統的な食文化し従うならば、灰色の脳細胞を活性化させるには、これが一番ということでしょうか。うーむ、ここにきて蓋を開けてみれば、仕事がたまりつつあります。

« 金沢食い道楽 | トップページ | 痛快ネタ、三題! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働け!灰色の脳細胞!:

« 金沢食い道楽 | トップページ | 痛快ネタ、三題! »