最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« WindowsXP on Parallelsにおける16bitアプリの導入 | トップページ | 『世界遺産』〜ヴィスビー »

2006年8月 9日 (水)

Parallels小括

今朝方ThinkPadのパームレスト部分に断裂を発見。経年劣化ということで仕方がないことですが、暗い気分になっています。ここ数日Parallelsの話題が続きましたので、ここで小括しておきます。昨日はMicrosoftからVirtualPCの開発中止も発表されました。いよいよMacOS X上では、ParallelsとVMwareにエミュレータが限られたというわけです。

鳴り物入りで世に出たIntel Mac対応のエミュレータであるParallelsDesktop for Macですが、WindowsXPの動作は噂通りの快適さを実現しています。しかし現状では、ある程度のWindowsあるいはDOSに関するコンピュータスキルを必要とするソフトウェアであり、万人向けとは言い難いと言わざるを得ません。

16bitアプリケーションの扱いについては前回の発言でも述べたとおり。ネットワーク接続に関してはほぼ万全だけれど、USBで接続できる周辺機器の数にも現状では限りがある。重要なMacOS XとParallels上のWindowsXPとのファイル共有ですが、これはSambaを介して問題なくできるのですが、このファイル共有を行うにはネットワークの初歩的な知識が必要になるでしょう。ドラッグ・アンド・ドロップだけでシームレスなファイル共有環境を実現していたVirtualPCよりは扱いが困難です。

というわけで、WindowsXPの快適な環境には脱帽するのですが、Parallelsについては今後の熟成と発展に期待することとして、ある程度のスキルに自信がなければ、現時点では「待つ」ことが得策かと思います。

« WindowsXP on Parallelsにおける16bitアプリの導入 | トップページ | 『世界遺産』〜ヴィスビー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Parallels小括:

« WindowsXP on Parallelsにおける16bitアプリの導入 | トップページ | 『世界遺産』〜ヴィスビー »