最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« リニューアルされた史学会のホームページ | トップページ | 大阪教育大のみなさんへ! »

2006年7月24日 (月)

久々の休日

「青と黄」でスウェーデンっぽいイメージのデザインテンプレートへ変更してみました…どう?この週末、ひーさしぶりに、意図的に一切の仕事に手を付けず、ゆっくり過ごしてみました。クリーニング屋さんに行ってみたり、靴を磨いてみたり。無心になって靴を磨くって良いよね…なんか、心が落ち着きます。

何気に思い立って、息子と阪急バスに乗って阪急豊中駅まで向かい、おもむろに(というか息子の言うがままに)十三駅で阪急千里線に乗り換え、山田駅で下車して「鬼門」のトイザらスを経由し、大阪モノレールで少路駅まで巡回してみました。息子はいつの間にかしっかりと成長していて、バスや電車のルートを完璧に把握していて、道中とても落ち着き払っています。トイザらスに行ってもだだをこねるなんてことがなかったので、僕は大いに感動してマクドナルドでフライドポテトをご馳走してしまった。(僕がマクドナルドでハンバーガーを食べたかったという話しもある。)息子はえらくそれが美味しかったらしい。後から合流した妻からは、「そんなものを買い与えて!」と叱責されましたが。

娘については、前々からどうも女の子っぽく見えないと思っていて、鋭い眼光に獅子鼻、への字口といった彼女の容姿は、かつての同僚のデンマーク人教師(ヤーヌスね)を彷彿させると思っていたのだけれども、数週間ぶりにまじまじと娘の顔を眺めていたら、その広いおでこのありようから、ヤーヌスではなく、僕の子供時代に似ているのだということに気がつきました。妻からは「色白は七難隠す」などとの言われぶり。容姿だけではないんです。テレビにかぶりつく姿も僕にそっくり(らしい)なのですが、うちのウタさまは夕飯になると、僕が飲もうとしている缶ビールを手にとって離そうとしない。封の開いていないビールを抱きかかえながら、明かに「開けて!」と思しき言葉を叫んでいる。血は争えないとはこのことでしょうか。ごめんよ…ウタさま。

« リニューアルされた史学会のホームページ | トップページ | 大阪教育大のみなさんへ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の休日:

« リニューアルされた史学会のホームページ | トップページ | 大阪教育大のみなさんへ! »