最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 僕は勉強する時間がほしい | トップページ | 中北欧序説 »

2006年6月15日 (木)

ThinkPad X40二周年

普段どこへ行くにも持ち歩いている僕のビジネスウェポンThinkPad X40を使い始めてから二年が経ちました。一台のノートパソコンを二年も使い続けているというのは、新しいもの好きの僕にとっては驚異的なことです。このX40、IBMが売っていた最後のThinkPadということで、ことさら愛用しているということもあります、しかし動作速度も緩慢で、バッテリーの持続時間も短いX40をよくも二年も使い続けてきたと思います。使い始めたピカピカの頃といえば、ストックホルム大学で開かれた北欧歴史家会議やケンブリッジのクイーンズカレッジでの合宿にこれを持ち込んで浮かれ気分でいました。その後、どんな仕事場へ出かけるにもこれを持ち歩き、いろいろな仕事をともに仕上げてきました。今は阪大との再編統合の渦中でX40が活躍していますが、こんなこと二年前には想像すらできませんでした。すでにハードディスクの空き容量も2GBを切っているし、バッテリーもへたり気味。筐体の黒いコーティングも剥げが目立つようになり、補修に補修を重ねてきたゴム足もボロボロといった感じです。昨日も夜の9時近くまで会議でしたが、どんなに遅く疲れて帰宅しても、僕はX40についた手垢や埃をその日のうちに綺麗にすることは怠りません。大切な仕事のパートナーですから、一日の疲れをとってあげるような感じで、毎晩掃除しています。僕はモノを大切にするってことは良い仕事をしていく上でとても大切なことだと思っています。(決して物神崇拝…フェチってことではありませんよ。)それでもこれだけ酷使してきたX40ですから、パタッと昇天しそうなので先行きは不安です。とりわけ1.8インチのハードディスクがどれだけ耐久力があるのものか、予想もつきません。使い始めて二年が経った今、退役させる時期が近づいているのではないかと真剣に考えています。(となると、本当にMacだけの環境になります。)

« 僕は勉強する時間がほしい | トップページ | 中北欧序説 »

コメント

『毎日新聞』に、タブレットPCを利用した大学授業に関するシンポジウムの記事が出ていました。URLが長いので、改行つきで貼り付けておきます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/
20060615k0000m040145000c.html

古谷さんはどうお考えですか? お時間があったら感想をお聞かせいただければ幸いです……お忙しいご様子、ご自愛ください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X40二周年:

« 僕は勉強する時間がほしい | トップページ | 中北欧序説 »