最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II | トップページ | 反省します… »

2006年6月 6日 (火)

楽しさを取り戻せ!

最近、あまりにも忙しいからでしょうか、かかわっている仕事の関係でしょうか…爽やかさを忘れているような気がします。適当に息抜きもしているんで、決してストレスは感じていませんが。日常の会話でも、飲みの場でも、ついつい愚痴っぽく、粘着質になっているのは事実。これでは、嫌われてしまいますねぇ。昔は、楽しい飲みができたものですが。すかっと爽やかな気分になれる楽しいものを探さなくっちゃ。

昨日関西外大で授業を終えて帰ろうとしたら、なにやら関西外大の学園祭か何かで、今をときめくモデルの押切もえさんが講演会か何かでいらっしゃるって耳にしたんですよ。思わずチケット購入に走ろうかと思ったのですが…、大人げないと思ったのでさすがにやめておきました。関西外大が押切さんならば、こちら大阪外大では蛯原友里さんをお呼びするというのではどうでしょう?ぶっちゃけ、統合前にぶちあげてみませんか?なんか楽しそうじゃない?(こんな教員ですみません。)

昨日帰宅してみたら千葉大学から先月の日本西洋史学会のDVDが送られてきていました。公開講演と小シンポジウムのすべてがレジュメつきで収められています。前々から偉い先生方の講演は貴重な資料になるから、何かの形で残しておこうという話は聞いたことがあったのですが、このような形で小シンポジウムまで動画化されているとは、びっくり。いろんな意味で、このDVDは学会の新機軸になると思いますね。例えば、毎年の学会の講演やシンポジウムをDVD化していくと、活字メディアとは別に学会の売りになるかも知れません。それにmpeg2フォーマットの動画データで収められているということは、オンデマンドなストリーミング配信なんかもできるかも知れない。論文とか、単行本とか、活字を追っているだけではなかなかその人の息づかいって伝わってこないところもあるんだけど、講演が映像で伝えられると講演者の息づかいはもちろん、フロアの熱気なんかも伝わってきて良い。なんか、この企画も楽しそうだよね。

ま、今日からまたまたかるーく気分をあらためていきますか。鬱めいていたら、学生のみなさんは遠慮なくつっこんでください。

« 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II | トップページ | 反省します… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しさを取り戻せ!:

« 現代北欧地域論4・ 北欧文化講義II | トップページ | 反省します… »