最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 北欧文化演習V-2・VI-1 | トップページ | 家族と過ごす休日 »

2006年5月19日 (金)

物欲メッタ切り…

「綱」渡り…どころか「蜘蛛の糸」の上を歯を食いしばりながら渡る日々を過ごしています。今や、「綱」渡りくらいなら太くて確実と思えるようになっているところが怖い。気分転換に、夏のボーナス商戦にむけて続々と発表されている新製品のうち、注目されているものをメッタ切り。

Sony VAIO typeU …3年前までの僕ならば速攻おちてしまった商品でしょうね。Ultra Mobile PC というカテゴリにはいるPCで、重さが約540gのちっさなパソコンです。よくここまで小さなパッケージに収めたとおもいますよ。その技術力には脱帽。しかしなぁ…液晶が4インチ程度でしょう?あのキーボードでしょう?実のところ、僕はVAIO U1~U101っていうちーさな、ちーさなPCを一時期ずーっとモデルチェンジされるたびに、買い換えて使っていたのですが、結局のところ、軽くて持ち運びに便利なのは事実だけれど、仕事には全く使えない…つまりただその小ささを周囲に見せびらかして自己満足に耽るだけ…ということで、3年くらい前にその手のパソコンから「足を洗った」経緯があります。あぁ…小さな小さな液晶画面とにらめっこしながら両手で持って、喜々としながら親指でポチポチとキーボードをうつ人たちの姿を想像すると実にあほらしい。マニア路線を突き進むこういう品をクールと思って製品化してしまう感覚がよくわからない。

Apple MacBook…うん、これはお金に余裕があって(…というかだいぶ安いと思いますよ…)ちょうど今パソコンの買い換えを考えている人がいたら、素直に「買い」の商品じゃないですか?とりわけ、Macのラップトップとしてはひさびさに採用されたブラックモデル。これは仕事にも、プライベートにも、なんでもこなせるオールマイティな機能をもっているだけでなく、もっているだけでなんだか「自分って、すごーくクリエイティブな人間?!」と錯覚してしまうようなパッケージングではないですかね?Intelプロセッサを搭載して以降のMacは、BootCampというツールを使うとそのまんまWindowsXPが動いてしまうPCにもなりますし。約2.4kgってのはちょっと持ち運ぶには重いかもしれませんが、一台だけで自宅でも、外出先でもなんでもこなそうと考えている人には、もう迷わずこの選択肢しかないでしょう。学生・教員の人なら、Appleの教育機関むけプログラムで購入するのが吉。(僕も正直に言えば欲しいですけれど、持ち運びのことを中心に考えているので、軽いPowerBook G4 12inchをしばらく使い続けると思います。)

Vodafone (ソフトバンク) 804NK…実のところ、これこそが一押し。Vodafoneはソフトバンクってロゴにかわるらしいので、ちょっと野暮ったいイメージになっちゃいますけど。でもいまのところヨーロッパと日本を行き来する可能性のある人にとっては、Vodafonneの3G携帯に一日の長がありますね。これはパソコンとかじゃないですけれども、仕事に使える道具としてはスマートフォンが大きな効力を発揮するのは、普段の授業やこの間の学会でも体験済み。これはNokiaのN71というモデルをベースにしています。一度Nokiaのスマートフォンの便利さを知ってしまうと、国産の携帯電話に戻れなくなってしまうのが怖い…(笑)。本当に助かるんですよ、例えばワイヤレスポインタがなくてもパワーポイントを操作できちゃったり、カンニングペーパが急遽必要になったときにワードやエクセルやPDFを手元で閲覧できたり、スウェーデン語の意味を検索できたり…。手のひらのうえだけで、こちらの要求に的確に答えてくれるということ。今僕が使っている702NKIIと比べると、2.4インチでQVGAの解像度をもった液晶だとブラウジングも容易になるだろうし、それに2メガピクセルなカメラにも期待。(これでマクロ機能がついていれば、鬼に金棒だろうな。)とにかく、こうして携帯電話文化の鎖国大国「日本」にスマートフォンが定着していくことは良いことです。こういう世界標準な道具を出していくというならば、ソフトバンクを応援しても良いと思うくらい。(個人的には手のひらにスポッと収まるストレート端末がスマートだと思っているのですが…うーん、悩みます。)

以上、物欲を刺激する道具の数々をメッタ切りさせていただきました。

« 北欧文化演習V-2・VI-1 | トップページ | 家族と過ごす休日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲メッタ切り…:

« 北欧文化演習V-2・VI-1 | トップページ | 家族と過ごす休日 »