最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 福井雑感 | トップページ | 涙を癒すもの »

2006年3月 1日 (水)

福井雑感の二

最近、自分の体に悪いだけではなく、人様にも迷惑をかけるとされている常習性の高い或る行為をやめた(…この行為は公的にはないことになっていたので、このような言い方をさせていただきますが…)こともあるのかどうか、片付けなければならないものが多いにもかかわらず、どうにもこうにも集中できません。何から手をつけて良いのかわからないといった感じ。

で、ぼーっと福井のことを続けて書きます。福井なんですが、先日出張で訪れた福井大学があるのは足羽川の北のほうなので、どうしても足羽川を越えて南の足羽山のほうへいくことができませんでした。しかし、やはり福井にいったならば、足羽山界隈に足を運ぶべきではないかと…かなり後悔しています。

古代史に思いをはせる北摂の住人ならば継体天皇像を見に行っても良いだろうし、やはり北摂がらみでいくならば中世は『太平記』とのつながりで、最期はここで殉じた新田義貞を祀る藤島神社(後年義貞のものと鑑定された象嵌の兜はこの神社にあるらしい…というか前々から感じていることなんだが、楠公と比べると義貞公の扱いは冷たいよね…特に『神皇正統記』とか…なんで?)、近世ならば北の庄の柴田勝家とお市の最期に思いをはせられるし、幕末ならばなんてったって橋本左内だよな、左内…。皆様、足羽山のふもとの左内公園で、安政の大獄で若くして死んだ左内に涙しましょう。(水戸の者としてはだな、大獄…近代日本の歩みのすべての誤りはあそこにあると思っちゃうよ…なんてことはないけどね(笑)…信じないよーに!)

というか、ここまで書いてみて気がついたのだけれど、なんだか足羽山ってとこは歴史のなかで非業の死を遂げた者の追憶にふける場所のように思えてきた。うん、福井はいいとこだ、いいとこだ。

« 福井雑感 | トップページ | 涙を癒すもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井雑感の二:

« 福井雑感 | トップページ | 涙を癒すもの »