最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« どうにかならんかね? | トップページ | で、楽しいだろ! »

2006年3月31日 (金)

で、楽しいのかい?

スウェーデンのこの冬は四半世紀に一度とか言われる寒さが続いていて、スコーネの平原もそれが雪原になっている姿をはじめて見ました。僕が滞在した3月後半にルンドで雪が降ったり積もったり、昼間でも摂氏にして氷点下の気温が続いていたり、ダイヤモンドダストが舞っていたり…そんなのははじめてだと、ルンド大学歴史学部の友人たちが語っていました。ルンド大学歴史学部では僕が留学していた2000年当時も今もかわらず、毎週月曜日の午前と木曜日の午後にはキッチンに集まってコーヒーブレイクの時間があり、名誉教授から院生まで含めて垣根なくコーヒーを飲みながら雑談に花を咲かせる習慣があります。歴史学部のコーヒーブレイクに顔を出すたびに、「あぁ、自分はまたここに帰ってきたんだなぁ」と感じます。

さて、この3月後半、僕の周りではいろいろなことが起きました。とりわけ23日に発表になった大阪外国語大学と大阪大学の統合推進に関する基本合意は大きな出来事でした。学生の皆さんからすれば単なる春休みかもしれませんが、この時期、大阪外大の教員・事務員の多くは、肉体的にも精神的にもギリギリになりながら、僕たちの大学の未来を真剣に議論していました。スウェーデン出張がたまたまこの時期に重なったとはいえ、僕はそうした議論に我が身を尽くすことができない忸怩たる思いを抱えながら、スウェーデンに滞在していました。

スウェーデンの人たちの顔色って、長い冬が続くこともあるのでしょうが、冬も終わりを迎え春の到来を今か、今かと待ち望んでいるこの時期が、一番青白く不健康そうに見えます。そんな彼らに今僕の、あるいは僕らの大学の置かれた立場を正直に話してみれば、「で、それは楽しいことなのかい?(あるいは良いことなのかい?)」って、多くの友人たちは聞き返してくれました。一見すると青白い顔色の連中も、実は人生を楽しむということを指針として行動しているんだなと思った瞬間です。

統合協議は膨大な事務的手続きを踏む作業ですから、どうしても「楽しさ」なんてことを忘れてしまう仕事の連続です。困難な議論のただ中にいることのできなかった自分に、そんなことを言う資格が毛頭ないのは承知しています。しかしながら、自分たちの教育や研究の環境に「楽しさ」を感じられない話では、人間正直な生き物ですから精神的にも、肉体的にも長続きできないでしょう。僕が出張していた間に困難な議論に全力を傾注されてきた方々には敬意を表します。しかしそうした議論のなかにも「楽しさ」の光を見いだせる部分を見いださなきゃ、法人としての大阪外大がつぶれる前に、みんなが先につぶれてしまう。それに僕たちの大学の魅力的な将来像も見いだせないままの議論におわっちゃう可能性だってある。そんなことでは、いけない。

今回スウェーデンに滞在した当初は、箕面キャンパスのことで後ろ髪引かれる思いが強かったのですが、ルンドの友人たちから聞いた「楽しいのかい?」という言葉は救いになりました。人間ってちょっとした困難に直面したときにでも、それを笑ってなんとかやり過ごすことのできる楽天主義って英知をもってますからね。(もちろん問題を笑って忘れるというのではなく、笑いながらも責任をもって問題を完遂せねばなりません。)で、「楽しいのかい?」っていう問いかけは、統合協議の話はもちろんなんですが、自分の研究のことでもそう言えるわけです。教育も研究も自分の人生に直結してなんぼの魅力がでてくるものでしょうから、そこに皆で共有できる「楽しさ」がなけりゃ、そりゃ自己満足の独り言に終わっちゃう。

今回の滞在はたったの二週間(しかも週末が2度も入った)の短期間でしたから、文書館滞在であまり成果はあがったとは言えません。しかしルンド大学歴史学部に属するスウェーデン・デンマークの研究者たちから最新の研究動向をどっさり紹介してもらった結果(…貴重なのは、それぞれの研究者が公刊を終えた研究の情報ではなく、それぞれの研究者が今リアルタイムに取り組んでいる未だ日の目を見ていない研究の情報なんですよね…)、情報収集という意味では短期間にもかかわらず大きな成果はあったと言えます。もちろんこの期間に集めたものを、これから逐一腑分けして、吸収していかねばならず、成果があったかどうかは判断できないことなのですが。(少なくとも5月の日本西洋史学会は乗り切れるかな。)短期間で効率的に情報収集ができたのは一も二もなくルンド大学の先生や友人たちのおかげなのですが、そうした情報以上に、北欧の厳しい冬に生きる友人たちの口から、「で、楽しいかい?」という言葉を聞くことができたことが僕のなかでは一番ありがたかった成果です。

今日から「待ったなし」で通常業務復帰なのですが、阪大との統合協議も、新学期からの教育も研究も、大いに楽しませてもらおうと思います。スウェーデンに出張して知力も体力も温存させていただきました。ですからこれからフル稼働でいかせてもらいます(笑)。

« どうにかならんかね? | トップページ | で、楽しいだろ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: で、楽しいのかい?:

« どうにかならんかね? | トップページ | で、楽しいだろ! »