最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« プッチーニを聴きながら… | トップページ | 本郷ありがとう…闇は晴れたよ »

2006年3月 6日 (月)

今日の上京

某科研の成果報告書をなんとか終わらせ、今日~明日と上京。今日は日本西洋史学会のシンポジウム、明日は軍隊と社会の歴史研究会の打ち合わせ。

最近ゴート起源説(ゴート主義)の話をほうぼうの研究会や研究者の方々にしてみるのだが、この議論、スウェーデン発の議論のわりには皆様に興味をもっていただけそうなテーマだとの手応えがある。近世における複合国家の統合軸はなにかという視点から切っても良いだろうし、宗教改革以降のプロテスタント国家の秩序理念として切っても良い議論だろうし、ここでいう言説の作られ方を諸地域で比較することで、それぞれの地域の社会構想における準拠枠がどのようなものに置かれていたのかという視点から切っても面白い議論になりうる。

この15日からスウェーデンへ渡るのだけれど(例によって基地はルンドになる)、現地でゴート起源説(ゴート主義)とバルト海帝国の秩序理念を落ち着いて整理し、5月の西洋史学会のシンポジウムで発表し、前々から取り組んできた祖国論と組み合わせて、現在着々と進行中の某大論文集へもっていこう。しばらく気が滅入っていたけど、とある方からも「スペインなどと比較して普遍的な議論へ」などと激励されたりして、こんなとこからぼちぼち腰を上げる気になってきた。

« プッチーニを聴きながら… | トップページ | 本郷ありがとう…闇は晴れたよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の上京:

« プッチーニを聴きながら… | トップページ | 本郷ありがとう…闇は晴れたよ »