最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 大いなる幻滅〜年末年始テレビ番組の総括 »

2006年1月 2日 (月)

脱メール化へむけて

2006年のコンピュータ関連の目標は、一も二もなくコミュニケーション手段の核心ということに置かれねばならないと感じています。一言で言えば、電子メールという古典的な手段の利用を僕たちはそろそろ見直す時期にあるだろうということです。

ここ数日間、携帯電話だけで公私二つのアカウントに届いた電子メールをチェックしているのですが、サーバー単位でウィルス・スパムメール対策の施されているプライベートアカウントを別とすれば、このブログで公開している大阪外大の僕のメールアドレスに届くメールのほとんどはスパムメールです。(パソコンがネットにつながっていれば確認できるGmailでは、公私両方のメールを転送させスパムメールを高い確率ではじいてくれていますが。)膨大なスパムメールのなかで本当に必要な学生や仕事仲間からのメールはすっかり埋もれてしまっています。

インターネットの草創期以来、Webについてはセキュリティ問題から様々な改変が加えられ、技術的発展が継続されているにもかかわらず、電子メールはほぼ十数年前のシステムが基本的に維持され現在に至っています。日進月歩のコンピュータ技術の世界にあって、僕たちはなぜ電子メールという手段だけを墨守し続ける必要があるのでしょうか?今や、古典的な電子メールという手段は膨大な迷惑メールの数々によって円滑にして、確実なコミュニケーション手段として機能しなくなっています。そしてそれを自衛するにももはや限界がある…ならば、いっそのことこの古典的な手段を勇気を持って捨て去る時が到来しているのだと考えても良いのではないでしょうか。

古典的な電子メールの最大の欠点は、サーバーに蓄積されたメールの数々をクライアント側に逐一読み込む形式にあります。それゆえにウィルスメールにクライアントPCが感染する問題も起きるわけです。こうした問題を未然に防ぐには、クライアントPCに極力怪しいメールを取り込まず、メールを確認できる術を確立せねばなりません。一つの対策としては、Gmailに代表されるような迷惑メールフィルターの強力なWebメールを用いるということです。

そして、なにからなにまですべての連絡事項を電子メールで伝達するという習慣を改めねばなりません。使用目的に応じて、コミュニケーションツールの使い分けがなされるべきと思います。例えば、同じ大学・研究室にあって、日常の些末な伝達事項はiChatやMSNメッセンジャーといったメッセンジャーソフトを使えば十分でしょう。また各自の仕事に関する日報や備忘録は、ブログを活用すればよい。仕事仲間や教員と学生の間でブログ上の日報を共有することは、やはり電子メールによって日程を回覧することを回避する手段になります。研究会やワーキンググループなどでのプロジェクト形成において、メーリングリストを使う手段もスパムメールを誘発する可能性があるので回避すべき。今や、XMLが主流となったWebブラウザー上でWikiシステムを活用すれば、複数の参加者によってWebサイトを更新することができ、それを応用すればあたかもネット上のホワイトボードとして情報を蓄積できます。

いずれ活字化せねばならない『クリオ』誌への「西洋史学研究者のためのパソコン活用入門」で明らかにしようと考えている一つのテーマは「クロスプラットフォームの重要性」ということです。常時接続が当たり前となった現在のネットワーク環境において、誰もが接することのできる手段であるWebベースの情報手段を、古色蒼然としてそのシステムに大きなリスクを抱えるようになってしまった電子メールに代替するコミュニケーション手段として活用すべきではないかと思っています。

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 大いなる幻滅〜年末年始テレビ番組の総括 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱メール化へむけて:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 大いなる幻滅〜年末年始テレビ番組の総括 »