最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« センター試験一日目終わる | トップページ | 疲労困憊… »

2006年1月23日 (月)

センター試験終わる

今日午前の搬出作業をもって、センター試験のすべての仕事が終わりました。現時点で大阪外大はとりたてて大きな問題もなく、現場の統括を任された僕もようやく安心して眠れます。確かに肉体的にも精神的にも疲労困憊する作業の連続でしたが、いろいろな人との共同作業は「楽しい」側面もありました。この作業に関わったすべての人たちの協力に深く感謝します。

それにしても、リスニングテストについては全国的に大問題になっていますね。全国一律の条件を設定し、受験生に平等な受験環境を保証しようとセンターががんばれば、がんばるほど、その反面大変煩雑なシステムになってしまった感は否めません。受験生一人一人に配られた何十万個というICプレーヤのすべてを、センターは事前に動作確認したと言いますが、それだけ多くの機械が出回れば、リスクが高まることは必定。機械ってものは実は生き物であって、理由などわからないままにだだをこねることが多々ある。たとえ製造元で確認がとれていても、移動・保管・配布の過程で全く想定外の問題が起きる可能性はあるし、確率的に数が多ければ多いほどその可能性は高くなる。

より深刻な問題は、準備体制・実施体制によって監督業務の質にばらつきがあったことですね。しかるべき理由から再テストを要求できる受験生の要請が認められなかったという問題が数件起きているらしいですが、何を持って再テストとするか監督者は事前にしっかりと把握しなければなりません。今回のリスニングテストでは、予備校の模擬試験などで馴れている受験生は問題を起きないだろうが、むしろおざなりに業務をこなす監督者のほうが問題を引き起こすのではないかと危惧されてきましたが、それが現実になってしまった。

まぁ、とにもかくにも、僕が関わっていた業務がすべて終わったと思ったら、一気に気力が抜けてしまいました。今日から通常業務に復帰せねばなりません。スウェーデン歴史ゼミ、デンマーク歴史ゼミの学生のみなさんで卒論を抱えている人は、今日が教務課への提出締切日です。正本1部(この表紙タイトルは昨年10月に提出した題目届と同じにしてください)、コピー2部、スウェーデン語/デンマーク語による要約コピー1部を用意し、正本は教務課へ、コピーは古谷研究室へ提出してください。

« センター試験一日目終わる | トップページ | 疲労困憊… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センター試験終わる:

« センター試験一日目終わる | トップページ | 疲労困憊… »