最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 大阪も大雪です… | トップページ | 息子との一日 »

2005年12月23日 (金)

大雪一過の休日

昨日は大雪で大阪も大混乱しましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?昨日は同僚の先生のお車で帰宅できましたが、その車のなかで盛り上がっていた話題は、クリスマスプレゼントのこと。なんでも最近子供たちの間では、昔懐かしいたまごっちが再び流行っているそうで、数日前に大手玩具店に行ってみたものの予約販売以外の在庫はなく、ネットでもプレミアム価格がついて販売されているとのこと。超じんせいエンジョイ!たまごっちプラス(エンたま)といって携帯電話やWebと連動して遊べるらしい…。おもちゃのこと、疎くなりました…ひと昔前までは結構流行をフォローしていたのですが、同僚の先生には的確な情報を提供できず、むしろ聞く側に徹していました。それにしても、これまた発売元はバンダイ…。以前にも発言しましたが、赤ちゃん・子供むけ業界の勢いたるや、どえらいものを感じます。

わが家も他人事ではありません。とはいえクリスマス前に祝わねばならない行事は妻の誕生日で、本来ならば昨日だったのですが大雪の落ち着くのを待って、今日ちょっと豪勢に昼ご飯と相成りました。妻のリクエストで久々に「肉」をたらふく食べてきました。一言、美味かった。久しぶりに肉をがつんと食べて、「あぁ、お肉ってこんなにおいしかったんだ…」と実感。このお店、大阪外大で生きる者ならばお馴染みのバスでちょっと出た国道171号線沿い小野原交差点の近くにある焼肉屋さんなのですが、お昼の時間帯のコストパフォーマンスがすばらしくよい。最近いろいろと問題になっている肉の出自についても、個体識別番号を表示していてネットで検索できるようになっています。大阪外大にいらっしゃる用事があれば、是非一度立ち寄られることをお奨めする良質な焼肉店です。(北摂もなかなか良いお店があります。)

肉をたらふくお腹に溜め込み、エネルギーを充填した後は、年末・年始の出張・帰省に備えて常用の使い捨てソフトコンタクトレンズのストックを買いに千里中央へ。ところがかかりつけの眼科医が突然の閉院ということで、急遽新規開拓に迫られました。(こうした選択肢が多い点が、ニュータウンとして新たに建設された町の利点ではある。)新たに赴いた眼科医は休日にもかかわらずだいぶ人が多く、コンタクトを買うには診察が必要なため待たされましたが、極端に目の悪い僕にとってコンタクトレンズは生活必需品中の必需品ですから、そこをなんとか堪え忍んで購入。いやはや、洒落にならないほど僕は目が悪いのです。高校3年生までは視力は抜群に良かったのですが、大学受験の勉強をゴトゴトと揺れる常磐線のなかでやっていたのがいけなかったですね…その後一気に視力が落ちてしまった(しかも乱視もきつい)。大学生時代はお金もなかったから、よく眼鏡を壊しては裸眼のまま大学へ出向き「文字の読めない東大生」との称号を友人からもらったこともありました。牛乳瓶の底のような眼鏡をやめて、今はコンタクトレンズを常用しています。

人間それぞれ自分のもっとも依拠する得意な(あるいは鋭敏な)感覚があるのではないかと思っているのですが、僕の場合、圧倒的に視力に依拠して情報処理をこなしているなと思う場面が多く(これに対して聴力はとても鈍感です…音楽家や語学教師には失格ですね)、それゆえに視力矯正は僕という人間にとっては死活問題。しかも僕の場合、眼が大きいということが災いして、普通サイズのソフトコンタクトレンズでは落ちたり、ずれたりすることが多く、瞳(黒目)をすっぽりと覆う(今時のソフトコンタクトレンズにしては)大きなものでないといけなくて、これまた厄介なのです。なんとか年末・年始を乗り切れるだけのコンタクトレンズを確保しましたから、まずは来週からの出張(…しかし用務地はなぜか冬の江ノ島…冬の湘南なんて若手編集者として活躍しているYくんと連れだってむかーし行って以来のことです…)も安心です。

« 大阪も大雪です… | トップページ | 息子との一日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雪一過の休日:

« 大阪も大雪です… | トップページ | 息子との一日 »